「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

2016年 神々の超人化計画が大詰めに入った!

b0140046_320419.png


 2016年 地球における神々の超人化計画が大詰めに入った。
宇宙の原人(アントロポス)である 「聖なる巨人」 アダム・カドモン がある程度完成した段階に入ったといえる。
ただし、これは人類の中でもコズミック・ボディー生成の最先端にいる人々に言える話である。その後を追って、徐々に集合的に波及していく。

これは何を物語っているかというと、一口に言って「神々の超人化計画」の一端であり、先ずこれを知る必要がある。つまり、地球は銀河系の中の雛型であり、詰まるところ宇宙のへそ(中心座標)として設定されている。そこで、人類の中で唯一アダム・カドモンを身体の中に受肉化させることで、宇宙の完成形である物質次元を固定させ安定させることができる。そして、その反対側に宇宙で一番上位にある光と接続することが出来るのだ。

これにより、銀河系をはじめとした宇宙を再構成させることができる。更に今までにない新しい人類を創り出すことができる。つまり超物質の神々は、その計画に乗り出した。これは、神々にとって超物質の人類と新たな宇宙を創造することでもあるからだ。つまり、これらの新しい人類と同時に、別次元に新しい宇宙も創られることを意味する。

地球は現在、宇宙の中心座標に位置しており、遂に時空を超える領域にまで出た。通常この領域に出ると従来の身体のままでは、あまりにも次元が高く高周波領域に位置しているため、肉体を維持できなくなる。そこで、身体の組成を完全に地球のすべての元素を吸収し切って、超物質の身体として完成させないと宇宙の外へは安全に出ることは出来ない。

かつてのイエス・キリストも実は、人類の中でこの 「アダム・カドモン化計画」 を推し進めるため、神々から使命を託され、人柱である 「十字架」 に架けられた存在の一人だったのである。そして、受難という苦しい試練を通して、人類の罪を背負う重責を担い、これを通して地球の元素を吸収することが出来たのだ。要するに、かつての 「イエス・キリストの物語」 は、予めこの時期のための象徴儀礼として、神々が周到に用意され執り行われた物語だったのである。
[PR]
# by sigma8jp | 2016-01-02 03:33 | Comments(4)

神々の創造原理から見た次元変換の仕組み

b0140046_4502867.jpg

宇宙の出産のメカニズム
↑ 画像をクリックすると拡大
[PR]
# by sigma8jp | 2015-01-02 03:23 | Comments(3)

2014 年賀

b0140046_16374851.jpg


 今年は、「次元空間船」における5次元の「共同超意識」の場が完成し、より高次の次元へと移行していく。この流れは、この先も永延に続いていくが、そこに止まるには安定した精神状態を維持することが「鍵」になる。要するに、精神的な平衡状態を保つ訓練が必要になってくる。

この先も、この場に止まるには、意識の平衡を保つ安定した精神状態が重要であるが、それには、自らを信じる不動の心を養っていく必要がある。今年は、一人ひとりが自己確立ができる魂になることが重要である。クリシュナ神は、宇宙の本質である純粋理性を象徴しており、魂が宇宙の本質に目覚めることで、完全な自己確立を達成することができる。

-----------------------------------------------------------------
(追記)
次元空間船の乗船に関すること

乗船するに当たっては、それぞれの人に任さられています。というのも、決定的な決め手は、自分自身であり、自分が宇宙とどのように向き合っていくかが重要だからです。現在、それぞれの人にとって自らが生かされている意味を見い出し、この先、生きる目的として、宇宙の源へと返り咲く流れをどのように作り出して行くかということを今一度、吾が内なる心に問い掛けてみることです。

現在、宇宙の意思はそれぞれの人間に、上記のような課題を投げかけています。従来のような古い意識の人間であれば、人による示しが重要であり、人の意見により、自分の立ち振る舞いを表現しました。しかし、あくまでも神と繋がるのは、自らの魂であり、魂の奥底にしか見出せないのですから。

更に、乗船する意識のあり方というのも、宇宙の意思から示しがありました。宇宙の法則は、人間一人では生きられず、そこには集団における秩序として、「相互依存の摂理」があります。それは、集団に生かされている自分がある一方、自分の属する集団に対し何らかの形で貢献をしなければならないという鉄則があります。

集団に生かされていることに対しては、誰でも理解できますが、集団に対し発展に寄与することは企業でも同じで、これは個々の異なった働きの集積によって、一定の組織を発展させる原理のことをいいます。この働きの結果、集団や組織の発展に寄与することで、その恩恵が今度は自分たちの元に返って、集団から生かされることになります。端的に言えば、これが分かりやすい「相互依存の摂理」を表しています。しかし、これはあくまでも地球的な表現であり、宇宙的な「相互依存の摂理」は更に精妙な世界を扱います。

物質世界発展の原理と、魂の進化発展の原理とは、似て非なるものです。例えば、地球社会では集団組織の中で自分が特別に生かされる存在になろう、と目論んで貢献したとします。しかし、宇宙では究極なエゴイストとして、特別視される自己意識は自尊心の表れとして注意されることになります。宇宙における貢献とは、個々が全体の調和を実現しようとする意識であり、全体を生かす存在のことです。

この原理が、仏教世界を描いたマンダラ図です。マンダラに常住する仏たちは、祈りによって迷いの多い凡夫に対し、智慧と慈悲心をもって目覚めを促し、悟りの調和世界実現を祈願しています。
このように、宇宙的な「相互依存の摂理」を表したものが、仏教マンダラであり、同様に「次元空間船」もこの原理によって成り立っています。

特に、「次元空間船」では、仏教マンダラのように個々の生命が「共同超意識」によって、一つに繋がっているため、この状態の中では、調和が「命」です。不調和な感情の持ち主が乗船した時点で、全体の調和が若干乱れ、全体の足を引っ張ることになります。原則として、全体の調和を乱す、我儘な人間、我良しの人間は、乗船することは許されていません。乗船者は皆、宇宙的な悟りを目標とし、全体を生かす存在になることを決意した存在たちに限ります。

又は、今はそうでなくても、将来このような存在になりたいと、志を持てる人間であれば乗船に値する人間であり資格者です。それは、他人が決めるのではなく、自分自身で決めるものです。

目標とし悟りを得ることで、迷いのない精神状態を実現し、安定した精神を常に維持し、全体に調和をもたらすことに繋がっていきます。それは、自分と宇宙が一体になっている証です。

「次元空間船」は無形の乗り物であり、非局所的な普遍時空におかれ、進化の流れを持った永遠の乗り物です。「次元空間船」は、私が約二十年前に、アセンデント・マスターのグループの背後にある宇宙の意思から導かれ、活動し今日に至っています。
[PR]
# by sigma8jp | 2014-01-03 17:01 | Comments(8)

フラワー・オブ・ライフの図形を解析する

フラワー・オブ・ライフの図形

  フラワー・オブ・ライフの図形は、エジプトの聖なる花であるロータス(ハスの花)をモチーフに、描かれているともいわれている。

〈クリックすると拡大〉↓
画像

この神聖幾何学の単位は、内側から外側へ向かって・・・1+6+12=19 の基本要素から成り立っている。これを占星学的なロジックに当てはめると、1と6は、7つの惑星に対応し、12は銀河のゾデアック帯である12のサインに対応する。この場合、土星外惑星である天王星、海王星、冥王星が、除外されているが、古い時代には7惑星が基本惑星であった。土星外惑星は、最近になって占星学の惑星として取り入れられた。

1=(太陽)、
6=(月、水星、金星、火星、木星、土星)。
12=(牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座)

〈クリックすると拡大〉↓
画像

上記の通り、土星外惑星である天王星、海王星、冥王星の3つの惑星が、外されているが、更にいえば12サインのエネルギー・フィールドそれ自体が、天王星と海王星が占めている領域でもある。この12サインからなるエネルギー・フィールドは、アカシック的な場(アニマ・ムンディ)とも連動している。つまり、12サインの場は天王星の特徴であるアカシックの場に対し、原型を新たに刷新させる形態形成の力と、海王星の特徴である未来の夢や憧れといった、未だ形になっていない宇宙エネルギーの持つ触媒効果からなっている。 

更に、フラワー・オブ・ライフの中心にある太陽に対しても、高度に存在が目覚めてしまうと、太陽の位置に冥王星が重なる。この冥王星の特徴は、宇宙の根源的な意志であり、これが顕在化することで、この二つが重なり、よりパワフルな存在形態を表す図形になる。

この図形では、19個の隣接し合う円の外周同士を接触させているため、図形の位置関係がはっきりし分かりやすくなる。この隣接する円同士を更に、内側に内包させた図形が、フラワー・オブ・ライフの図形である。そこには、基本となる法則性があり、「ベサイカ・ピシス」という二つの円同士の中心点と外周とを交互に接触させた図形によって構成されている。フラワー・オブ・ライフの図形では、このベサイカ・ピシスの法則を19個の円すべてに当てはめている。

フラワー・オブ・ライフの内側の7つの惑星は、感受点ということから、感情や思考パターンといったより身近な自分自身を構成している精神的な要素からなり、外側の12のサインは、身体を包み込んでいるエネルギー・フィールドとして現れる。占星学でも、太陽はセルフ(自分自身)であり人生目標でもあるが、これら6つの惑星は、ユングのアーキ・タイプ(元型)に対応させることができる。

〔6つのアーキタイプと内側にある6つの惑星の対応〕

・オールド・ワイズマン 【老賢人】(上) ⇒ 土星
・グレート・マザー 【太母】     (下) ⇒  月
・ペルソナ 【意識の仮面】   (右上) ⇒ 木星
・シャドー 【影】          (左上) ⇒ 火星
・アニマ 【女性的側面】     (右下) ⇒ 金星
・アニムス  【男性的側面】  (左下) ⇒ 水星

このように、6つの惑星の持つ性質とユングのアーキ・タイプは、そのまま対応することができ、それぞれの特徴をよく表していることが分かる。これらフラワー・オブ・ライフの持つ意味とは、もともと「生命の花」を表していることから、人が心を開花するための「神聖なる場」が存在している証ともなっている。

分かりやすく言えば、集合意識という場は、様々な人格(アーキ・タイプ)が織り成す人生劇場であり、そこには様々な「愛を育む形態」があるということを物語っている。この人生劇場を作り上げる舞台装置が、12のサインによって構成され、この12サインが様々なスチュエーション的局面を作り出す。

この様々な場に登場する人物が、6つのアーキタイプであり、これら6種類の登場人物によって様々な人間模様が演出される。もちろん自分(太陽)が主人公として演じることになるが、時と場合によっては、6つの内のいずれかの人格を体験することで、それぞれの立場を理解することができる。このように、魂の向上には、様々な人間愛の形をじかに体験する必要がある。そのため、人は数々の輪廻転生を繰り返し、この6種類の人間愛を一通り経験することで、最終的にアガペーの愛(宇宙愛)に到達することができる。

ただ、この6つの対応の中でシャドー(影)とペルソナ(仮面)については、さらに詳しい説明が必要である。

・シャドー(影)は、自らの潜在意識に暗い影を落とした人格の一面であるが、これらの人間性は自分が理想とする人格に対し、とかく認めたくない領域である。このシャドーが形成される原因として、一般的な心理学でも、言われているように、過去の人間関係や自分の願望を実現しようとして失敗をし、ひどく心が傷つき挫折を味わったことで、形成された精神性である。

これは、挫折感や劣等感といったものは、一種のトラウマでもあり、それを負うと、その後の人生に暗い影を落とすことになる。それは、人生目標として新たな一歩を踏み出す際に、潜在的な迷いを引き起こす原因にもなる。惑星対応では、火星の持つ特徴として、自分の主張を外の環境に押し出し、自らの願望を実現する力ともなっているが、この火星の持つ攻撃性や自己主張する性質と、シャドーの暗い一面は「表裏一体」の関係にあるといってもよい。

そのため、何か自己実現をする際は、潜在的に光と闇の二つが揺れ動き、葛藤に見舞われることになる。多くの人にとって自己実現とは、これらの暗い過去を乗り越え、理想とする人生を謳歌するための人生目標にもなっている。

一方、ペルソナについては、社会のニーズによってつくられた仮の顔、すなわち仮面を被って演じる社会に見せる顔でもある。これは、自らの本心を見せないための防御装置と考えられ、一種の緩衝器とも受け取れるのである。この緩衝器が、いわば潜在的に傷を負わないための安全装置であり、これが機能している間は、トラウマ的な外傷を負うことはない。

”郷に入れば郷に従え”という諺があるくらい、このペルソナ 「仮面」 の持つ意味は、おそらく生命の適応本能から無意識の内に編み出した環境への防衛技術であると捉えることができる。例えば、生物界などでは 「擬態」 という自らの姿を周囲の環境に溶け込ませ、他の捕食生物から狙われないよう、カモフラージュする技術がある。これも長い進化の過程で、辿りついた生物の防衛本能である。

このような特質から 「仮面」 は、集合無意識の共通な 「元型」 にまでなったと考えられる。更に 「仮面」 の利点としては、社会的なニーズとしての発展性、すなわち社会貢献が木星の性質であった時、ペルソナという仮面を被って演じることで自らの化身を作り出し、心置きなく社会貢献することができるという点があり、このことから仮面の持つ役割は非常に大きいといえるのである。

余談ではあるが、天文学における惑星配列を見たときに、火星と木星の間にアステロイド帯(小惑星帯)がある。このアステロイド帯に浮遊している岩石をすべて寄せ集めると、地球くらいの惑星を形成するだけの体積があるという。実は、この軌道には古代にマローナ(マルデクともいう)という惑星があった。そこは、かつて地球と同じような文明が栄え人類が住んでいた。

これが、アステロイド帯になってしまった原因については、かの悪名高いルシファーの関与があり、何らかの過ちによって、地上にあったすべての核兵器が一斉に炸裂してしまったという。この衝撃により、マローナは一瞬の内に粉々に粉砕し、現在の位置にアステロイド帯として惑星の残骸が残っているという。この砕け散った惑星マローナの住人が、その後、地球に魂として数多く転生したことで、地球はそのままマローナのカルマを引き継ぐことになる。

〈クリックすると拡大〉↓
画像

これを惑星配列の意味から読み解くと、火星は自己主張の星で、木星は社会貢献としての働きであり、これは木星の持つ発展性に関係している。この木星と火星の間にアステロイド帯があるという図式は、まさしく、これがシャドーの現れと見ることができる。そのため自己実現は、環境へのアプローチであり、自分を外に押し出すことによって成就するという側面を持っている。そのため、どうしても太陽の目標達成には、ポジティブな要素とネガティブな要素とが付きまとう。

つまり、火星の積極的行動を掻き立てる闘争心と、シャドーの持つトラウマ的な失敗の記憶とは、表裏一体であり、そこに 「葛藤」 として潜在的に揺れ動くのである。これは、世間でも言われているように、 ”出る釘は打たれる!”という「諺」があるくらい、新たな一歩を踏み出す際に、周囲の環境からも時に、圧力が加えられるケースもあるからだ。この潜在意識の持つ縮図は、太陽系の歴史に起因しており、これが人類意識の 「原型」 に浮上してきているという点が上げられる。

キリスト教でも人間には、生まれ持った罪、すなわち 「原罪」 が宿っていると言われるうように、これらシャドーは、人間の意識の 「元型」 にもなっているくらい、どんな人間にも存在しているが、以上述べてきたように、正しくシャドーと向き合うのであれば、さほど問題はない。

しかし、この向き合い方である対処方法を誤ると、重大な事件や事故を引き起こす要因にもなるからだ。つまり、世の中ある不幸の元凶として挙げられるのが、個人や集団の闘争、国家間による戦争、テロ行為など社会悪として様々あるが、これらの社会悪は地球人の持つ集合的なカルマであり、元は太陽系のカルマから始まっている。

これらは皆、シャドーの現れでありカルマ物質である火薬に引火し、大爆発してしまった現象と捉えることができる。これらの誤った行動を掻き立てる要因として、自らの満たされない心の穴埋めをする行為と考えられる。この卑劣な行動は、これら劣等感から衝動的に引き起こされる補償行為(劣等感を補い挽回させる行為)と考えられる。いかに、この補償行為が得られ、優越感に浸ることができても、本当の意味での精神の穴埋めは出来ず、更なる隙間風が吹きすさぶことになる。

何故なら、これらの劣等感と優越感は、シーソー・ゲームのように絶えず往き来するからであり、この一時的な勝利といった 「力による原理」 を達成しても、宇宙では一切通用しない原理であることを理解すべきである。本当の意味での精神の穴埋めは、正しくシャドーと向き合い、目の前にある小さな目標を一つひとつ達成していくことによってしか得られない。このように、正しくシャドーと向き合うことによって、太陽の目標である自己実現を達成していくのである。

しかし、かつての太陽系の一惑星であるマローナを破壊してしまった現象は、シャドーとの向き合い方を誤ったことによって引き起こされた重大事故であったということ。これらカルマの危惧する点は、運命的に見て爆発する終焉を迎え兼ねない危険性を孕んでいるということである。

この惑星マローナを破壊してしまったカルマは、現在、世界の先進国を中心とした核保有国が核兵器を備え、その所有に対する正当性を誇示している意識に表れていると見る。この誇示し続ける意識が、正にシャドー(精神的劣等感)に対する補償行為への拘りであり、万が一、国家のトップがこの核兵器のボタンを押し、実際にこれが使用さたなら、マローナの記憶の再現となってしまう。

これらの補償行為への拘りを持っている間は、永延に精神の調和は得られない。そこで宇宙の意思は、地球人類に対し我慾を捨てて、日頃から心の調整に励むよう促してきている。これは、自らの我が儘な感情と慾心を極力捨てるよう、また調和に満たされた心に早い段階で返り咲くよう、絶えず宇宙から見守っているのである。

これら精神の調整を実践することで、魂の鞘であるコーザル体に刻印されてたシャドーを除去することができる。このシャドーは、古い時代に魂が誕生し、人間を学習した段階から発生している 「元型」 と理解すればよい。このシャドーの完全除去とコーザル体の完全修復は可能であり、これによって人間界を卒業することができる。これは、「内部マトリックス」 から、真実の宇宙である 「外部マトリックス」 に移行することによって達成できる。

以前に宇宙の存在が教えてくれたことがある。それは、人の心が調和し、感謝で満たされると、その想いが周囲の空間に放射状に放たれ、胸の奥からちょうど花弁が開くように 「生命の花」 が拡大していくという。よくヨガ瞑想などで、エンライトメント(光明)、ニルバーナ(涅槃)、サマーディー(三昧)など、様々な言い方として表現されるが、これらピュアーで歓喜に満ちた神秘体験は、宇宙との完全なるハーモニーが得られた瞬間に起きる現象である。

宇宙は、7つの基本周波数から構成されているため、この波に精神の周波数が合一しなければ完全なるハーモニーは得られない。この7つの基本周波数の内、一つでも歪んでいれば、たちまちノイズ現象に見舞われ、宇宙と合一することはできない。その意味から、宇宙はごまかせない神聖なる場であり、魂にとっての神殿でもある。

このように、宇宙は精妙なる波によって満たされた空間であるため、自らの心を絶えず清め、魂を常日頃、向上させていく必要がある。魂が向上し、調和のとれた精神状態を維持することができるようになれば、いつしか宇宙の波に乗れる瞬間が訪れ、生命の花は宇宙に向けて大きく開花する日がくるだろう。

その意味から、生命の花であるフラワー・オブ・ライフは、宇宙的に満たされた心=宇宙愛を実現した時に、浮かび上がる光の幾何学であり、宇宙との完全調和に達した時の証として開花する花でもある。この完全調和の実現には、19個の空間構成体がバランスよく組み合わさることで、宇宙を満たす(まったき)空間が完成し、その瞬間に 「生命の花」 は開花し、精神の光明が得られるのである。

このフラワー・オブ・ライフという 「生命の花」 は、もともと地球の地下神殿であるアメンティーのホールに咲き誇る 「水晶の花」 でもあり、『エメラルド・タブレット』 などにも度々紹介される地球上で最も神聖なる花である。この花と一体化することによって、「生命の永遠性」 が確保されるのである。これについては、エジプトの女神イシスが永遠性の象徴である 「アンク」 を持っているが、この 「鍵」 は、「生命の花」 と深く結び付き、そこにはフラワー・オブ・ライフの持つ結晶整合が 「鍵」 を握っている。

ほとんどの人が、このフラワー・オブ・ライフの19個の円がばらばらにズレ込んでいて結晶が乱れている。この歪みを一つひとつ調整し全体を整合化することによって、綺麗な幾何学結晶を浮かび上がらせるのである。この技術は、「次元空間船」 を構成している「内部マトリックス」 の働きによって得られる効果なのである。

何故なら、この「内部マトリックス」 の基本要素が1+6+12の合計19個の結晶体によって成り立っているからである。このズレは当然、「内部マトリックス」 が持つ時空間因果律によって生じた歪み(カルマ)が原因しているからである。この結晶体を元の位置に戻すことによって、「内部マトリックス」 から卒業できるのである。これは、いわば 「檻」 である牢獄から脱出するための 「鍵」 を手にすることでもある。

フラワー・オブ・ライフを総括すると、7惑星であるセルフ(太陽)と合わせた6つの惑星=アーキタイプ(元型の持つ人格)が12サインの場で体験することで、自身のアカシック的な記憶が、「内部マトリックス」 にクリスタル・チップとして残る。この記憶チップが、すなわちフラワー・オブ・ライフとして形造られるのである。

そして、これらは当然、「内部マトリックス」 で我々が行為・行動の結果、つくられた記憶媒体でもあるため、もし不調和な行為・行動をとった場合、そのアンバランスさから19個の結晶が乱れ、歪んだ結晶パターンとして残ってしまいうのである。これが、時空間因果律の作用により、次の運命パターンを決定づけていく。このように、「カゴメの原理」 は、永延と繰り返され、一向に「内部マトリックス」 の呪縛から抜けられないのである。

これらの運命パターンを向上させ、「内部マトリックス」 での人間劇場を調和に満ちた形に修めるよう、努力していくことも大切ではある。しかし、これ一本に絞ってしまうと、とてつもない時間と労力が掛ってしまうのである。要は、「内部マトリックス」 に残っている空間の歪みを調整しなくては、「外部マトリックス」 に移行することはできないという仕組みが存在している。

そこで、いち早く 「内部マトリックス」 から卒業するためには、フラワー・オブ・ライフの結晶体の歪みを矯正し、結晶を元の位置に戻すことによって達成できる。もう一つの方法としては、「内部マトリックス」 の全空間をエネルギーで満たし、飽和させることで達成できる。興味深いことに、この二つは、共にリンクし合っており、同じ矯正効果をつくりだす。 これらは、量子場に見られる特徴として、波動性と粒子性の二つの性質と深く関係していることが分かる。すなわち、波動性=空間をエネルギーで満たし、飽和させる行為。粒子性=結晶を乱れを矯正し、バランスを整える行為として表れる。

これにより、「檻」 である牢獄空間から脱出することができるのである。何故なら、「内部マトリックス」 のカラクリを把握し、空間を完成させることで、呪縛として作用する時空間因果律の封印が解けるからである。よく解脱した仏の像を見ると蓮華(生命の花)の上に座っている。これらの仏たちは、生命の花が開花したことで解脱し、「外部マトリックス」 に魂は移行した。そして今度は、新生「内部マトリックス」 に移り住むことになる。これが、彼岸としての曼陀羅であり、仏教の世界観を形造っている。同時に、キリスト教圏では、「神の王国」 とも称し、讃えている。
[PR]
# by sigma8jp | 2013-04-30 04:07 | 「フラワー・オブ・ライフ」 | Comments(17)

2013年 年賀

b0140046_0492520.jpg

2013年からアルファ・オメガ循環へのカウントダウンがいよいよ始まった。
これから徐々に、地球や人の身体構造の変化が目覚ましい発展を遂げていくことだろう。
何故なら、地球も身体も宇宙の構造とリンクし、その臨界点を迎える時期が到来する。
このとき、何が起こるのか・・・?
[PR]
# by sigma8jp | 2013-01-04 00:59 | Comments(6)

惑星二ビルの地球接近と地球人の低自我の問題

  宇宙連合の宇宙人が昔、言っていたこととして、”地球人類は宇宙の中の厄介者として、多くの星系や銀河系から、それら厄介者を地球という惑星に一か所集められた。”という話があった。

この話に今後、繋がっていくが、”将来、地球が何らかの自然災害や戦争などして、人為的に崩壊したときには、魂は他の天体に移行する訳だが、地球という場での学習期間を経ても尚、自我を捨て切れていない一部の人類は、地球よりも更に過酷な環境として、恐竜が闊歩し弱肉強食がはびこる原始惑星に転生させられるという"

この辺の振り分けは、宇宙で行われており、地球人のデータは、宇宙連合の中枢が逐一、地球人のひとり一人の精神的な動向を銀河系の中心太陽に設置されている高次元コンピューターによって管理されている。一口に言って、地球人の幸福の原点は主に、自我の満足と、その実現にあるということが言える訳であるが、一向にその 「枠組」 を越えることはできないという残念な結果が現在、宇宙から出されている。

思った以上に 「檻」 である内部 「マトリックス」 に逆戻りする人類が数多くいることが判明したが、逆に自我を越えるとは、すなわち、自我の死を意味し、この困難な課題を自ら課すことにつながる訳だが、これについては正直いって期待は出来ない。しかし、日本人は他の国民と違い、自我を越える領域には、かなりのところまで、近づいていることが判る。

この話から言えることとして、昨今の尖閣列島や竹島の領土問題などから分ったことではあるが、日本人は周辺諸国の国民と違い、比較的に利害得失の感情を表に出して、暴徒化してしまうような国民性でないことだけは確かである。それだけ、戦後から今日まで愛国心というナショナリズムからの脱却については、著しく変化を遂げた国民性であると思われるのである。

例えば、自分自身にはエゴがなくても、自分の属する家系や共同体あるいは、国家に対する愛着心が強く働く時、それが自分たちの不利益に繋がる場合など、感情的になり他を非難したり排斥したりすることがある。これらの感情は、詰まる所、同じエゴから来ていると、大枠、小枠に関係なく宇宙は結論付けてしまう。この実例として、日本の領土問題が発生したのと同じ時期に、中東でもイスラム教徒が暴徒化した事件があった。

それは、イスラム教の預言者ムハンマドを冒瀆したとされる米映画が引き金となった事件である。その映画が上映されたことにより、益々イスラム社会対米国の対立構造が色濃くなった。これらについても、イスラム教徒一人ひとりは、普段は熱心で敬虔な信者の姿勢を保っているが、自分たちが信じている宗教の問題となると話は違ってくる。一転して怒りの感情に火が付き、豹変し暴徒化する人間性に取って代わる。

例えば、宇宙の法則から言うと、「たとえ正しいことでも、争いを起こした瞬間から間違いになる」ということがあり、このことは、争いを起こす感情だったり、行為そのものが、宇宙の法則から見れば、道から外れる行為と見なされるからである。その原因となる個人のエゴ、集団のエゴを捨てることから始めねば、真の宇宙的な精神には近づけないようになっている。つまり、檻の中に再び、幽閉される仕組みになっている。地球人類は、この内部「マトリックス」という 「学び舎」 で永い間、学習を積んできた訳だが、エゴを捨て切るまでには至ってはおらず、まだ未解決なところを多く残している。

そして、この話と若干関係してくるが最近、地球に関与している二ビルという惑星出現の話題が急浮上してきている。この惑星は、3600年という大変長い周期で楕円軌道を描きながら、太陽の周りを回る惑星だということが分かった。この星が2012である今年、地球に急接近してきている。

この二ビル星人は、セガリア・シッチンが提唱する 「人類を創生した宇宙人」 であり、それは遺伝子操作を駆使して地球人類を創生した、いわば造物主だ。古代シュメール文明の発祥に、この二ビル星人は関与し、アヌンナキと呼ばれていた。この種族は、我々のような人類種とは異なり、いわゆる爬虫類種が進化して高度な知性を獲得するまでに至った人種である。

これを、” レプテリアン人種 ”といわれており、この種族は、エーテリック状に身体を変化させ、巧みに地球人の身体内部に入り込み、工作員として暗躍する極めて危険な存在たちである。映画 『 V 』 では、このような奇怪な姿を露わにするシーンがあるが、彼らはエーテリックな身体を持っているため、実際には普段は肉眼で確認することはできない。しかし、彼らが意図したときにのみ物質化し奇怪な身体を現す。

これら、爬虫類の痕跡は人間にも見受けられる。人間には、これら爬虫類の時代から哺乳類の時代に進化してきた流れが生物種の遺伝子には刻まれており、脳にも爬虫類の時代の痕跡が爬虫類脳として残っている。そのため、原始時代の凶暴性感情などは、爬虫類脳から発信される信号によって、闘争心や競争心・自我欲求を引き起こす。この爬虫類脳を引き出すためのトリガーが、人間の潜在意識の中の特に、低自我のレベルには存在している。

そして、レプテリアンたちは人間に憑依して、この低自我の領域である爬虫類脳を刺激して、その人の価値観など利害得失の感情を引き出すため、強い催眠・暗示効果によって支配している。これは、いわゆるマインド・コントロールであるが、彼らレプテリアン種族であるアヌンナキは、そのマインド・コントロール技術については極めて高い技術を持っている。

特に、我が国の戦前・戦後の時代など宗教が盛んであった頃、熱狂的・狂信的な信者に憑依いていたが、現在では国家の運命を握る政治家やトップ指導層に憑り付き、国家の流れを支配しているため、容易には国民の意見が反映されないのが現状である。

以前に、グレイも国家のトップ指導層に憑依し支配するといったが、この場合、アヌンナキとの比較でいうと、イルミナティーを組織する英国王室や米国政府の諜報機関・軍部、更にはイスラエル国家などはグレイが背後で支配していている。一方、日本の古い体質として日本政府の役人や政界のトップ指導層には、アヌンナキが憑依しいて深い眠りを与え、分厚い一枚岩で強固な体制を保持している。

更にいえば、アヌンナキとグレイとの違いは、グレイはどちらかというと、極めて戦略的な組織体制を誇示し工作員として個人の中に入り込む。一方、アヌンナキの方は、組織の無意識部分に入り込み、古い組織体制を維持し、深い催眠効果によって組織の背後に憑り付く。その組織体制は、どちらもピラミッド構造からなる権力体制を維持し、その両者は、暗黒同盟の一員として協力し合っているところがある。

ニビルが地球に急接近してきている昨今、益々低自我の支配が強烈に働くため、低自我の管理がより重要になってくる時代だといえるのである。そのため、このまま行くと人類の二極分化は避けられないのは確かである。何故なら、自我の死を経て高自我に移行するごく一部の人類と、低自我を暴走する多くの人類との二極に分かれてしまう傾向にある。

低自我を越えるとは、自我の死を経た後に訪れる魂の平安と静寂である。ここに、無限時間という永遠性が息づき、これは、つまり 「宇宙の源への回帰」 を果たしたことに繋がる。このことは、宇宙創造神の波長と合致することでもあり、光の宇宙と繋がれる唯一の方法といえよう。例えば、事故や重病によって死線を潜ったことのある人の中に、例えば 「臨死体験」 のようなことが起きた後、その後の人生を一変させる出来事が起きているケースが多々ある。

それは、異次元の宇宙世界との交流が始まった事例などであり、世界中で数多く報告されている。それだけショッキングな出来事を通過した人でない限り、たやすくは自我の死は越えられないのが実情かもしれない。このような場合も、突発的ではあるが、内部 「マトリックス」 である低自我の領域から、外部 「マトリックス」 である高自我の領域に出ることに成功した一例といえよう。

◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◇◇◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◇
(追伸)
  久しぶりの更新でしたが、2012年の惑星二ビルの地球大接近は様々な意味があり、おそらく多角的な観点で捉えなくては、正確な意味を把握することは出来ないでしょう。今回は、その一側面の観方で捉えてみました。

「外部マトリックス」への解脱という目標は、我々地球人にとって必須なテーマと言えるでしょう。幸いに我々にとって、「次元空間船」がありますので、船への同調を意識さえすれば、次元移行はスムースに行えます。

そのためにも、日々の瞑想によって、精神統一を続けるようにしていって下さい。大切なことは、精神の透過であり、囚われのない透け切る意識状態です。そして、更に常識に囚われない超然とした意識を養うことであり、従来の自己意識が養ってきた固定観念と情念を外すことにあります。

禅でも、「止観」といって、目の前の物事に囚われることのない意識状態がありますが、これは丁度、”観ていてて観ず!”という意識状態に近く、”仏の半眼”からその境地が見て取れます。この意識状態を養うことで、「内部マトリックス」から出る「鍵」となっていきます。

今後、如何なることがあろうとも、感情的な乱れを引き起こすことなく、精神の統一だけは保持するよう、自助努力を続けていって下さい。
[PR]
# by sigma8jp | 2012-10-03 23:40 | Comments(0)

2013年の前準備としての金環日食

 日食という現象は、月が新月であるため、太陽のエネルギーを月が吸収し、次期創造のために充電という形でパワーをチャージする現象である。この太陽エネルギーとは、いわば創造に必要な生命力であるが、そのパワーを月が吸収することで、後々の地球人類の集合無意識のレベルに変化をもたらし、様々な創造的イマジネーションを何年もかけて創出する原動力となる。

実は、この集合無意識の働きと、月の作用とは密接に絡み合い、人々の無意識に潜む願望だったり、夢やイマジネーションを次々に想像力豊かに膨らます母体ともなっている。これをアニマ・ムンディといって世界霊魂の総称ともなっているが、今回の金環日食は今までの日食と違い、大きなサイクルでの質的変換という、人類の意識にとってかつて無いほどの大がかりな入れ替えが起きる前兆と捉えることができる。すなわち、今までの物質的な価値から、新たな時代に向けての精神的な価値へと大きくシフトしていく起爆剤ともなる。

入れ替えといって思い出したが、伊勢神宮には「式年遷宮」という習わしがあり、20年に一度、8年という歳月をかけてお宮毎一式、用意された新しい場所に移し替える儀式がある。更に、出雲大社にも60年に1回のペースで「遷宮」があり、来年の2013年には、日本を代表するこの二つの神社の「遷宮」(神様のお引越し)が重なる年であり、これは極めて特別な年ということから、何か重要な意味が隠されている。

伊勢神宮は、東の位置にあり太陽を神格化した「天照大御神」をご祭神に祀る皇大神宮がある神社である。この神の系列は、「天津神系= 天の神々(太陽)」を代表する神社である。これに対し、出雲大社の方は、国譲りの後、国づくりを任された「大国主大神」の住まう地は西に位置し、太陽の沈む場所ということから「黄泉の国」とも言われている。このご祭神を祀る神の系列は、「国津神系= 地の神々(月)」を代表する神社である。

この二社は、日本神界を代表する天と地の神々が集う総本山的な神社であるが、来年は、この天地の神々が「遷宮」という形で一致する大変に珍しい年で、過去にこのような形で両社の「遷宮」が重なったことはなかったという。今回の金環日食も2012年という1年早い時期に起きる現象であるが、これも太陽と月の合一であり、これを平たく言えば、天地の神々が合一するサインということから、以前に本ブログでも「内在神」と「外在神」という表現で紹介したが、この「内外の神々」が目出度く2013年には、揃って新しい場所に移り替わる重要な年となる。

この新しい場所とは、すなわち新しく創造された、新生「内部マトリックス」へ遷移されるのである。この時空は、以前地球に残されていた根のカルマや時空の歪みが、一切無い新しい神聖な場ということになる。このことから、2013年は、新生「内部マトリックス」ヘ、地球で働かれる神々様がすべて遷移される年になる。その意味で、地球も生まれ変わるし、人類を含む自然界の全ての生物も質的変換が起きるのである。

もうその変化は、既に始まっており、早い段階では終盤に差し掛かっている人もいる。このことは、以前にも言っていたように、新しい地球の誕生を意味するが、この新しい地球という時、新しい時空が先ず最初に誕生したことを意味する。そして、この時空に地球が遷移することで、地球は新しい時空に徐々に入れ替わっていく。

この新生「内部マトリックス」は、これからの人類にとって価値ある創造を創出していくための重要な場になっていく。その意味から、これからの地球は、人々にとって、本来の自由意思が発揮でき、豊かな創造を膨らましていく活動が以前よりも、より活発に展開しやすくなっていく。今回の2012年、5月21日の金環日食も、2013年の前準備として、1年早く人類の大規模な意識の質的変換をもたらすためのパワー充電と考えることができる。その意味もあって、新生「内部マトリックス」内に蓄えられるパワーは絶大である。

私も、前回の皆既日食が起きた年、確か1997年3月9日だったと思うが、じかにこの目で確かめるため、近所の高台にある公園のベンチに寝そべり、それが起きるのを待った。そして、日食が始まった途端、周囲の空気の変化をいち早く感じ取った。そして、完全な形になった時、意識で月をシンクロしていたこともあって、自分の胸にその膨大なエネルギーを受け止めたのである。そのエネルギーとは、創造に必要な磁気を帯びた透明で新鮮なエネルギーであった。そのエネルギーは数日間、胸の奥にジンジンとくる感触で止まっていたのを今も覚えている。

今回も、以前と同じように胸でそのエネルギーを受け止めてみようと思っている。今回のようなチャンスはめったにないので、以前、私がやったようにトライしてみるのも良いだろう。日食というのは、月に太陽のパワーがチャージされる現象だが、それを目撃するときに、どれだけ胸の奥で月とシンクロ出来るかが成功への「鍵」になると思う。当日は地域によっては、生憎、曇り空になることもあるようだが、じかに目で確認できなくても、月とシンクロすることを忘れなければ、違った効果が得られるはずである。その効果とは、自身の今後に向けての創造的なパワーのチャージと創造能力の向上である。
[PR]
# by sigma8jp | 2012-05-20 02:30 | Comments(1)

5次元的な空間への完全移行

b0140046_13391322.jpg
↑ 新生「内部マトリックス」の誕生!

 「次元空間船」の次期ステージとして、目標としていた5次元の空間構成体の全容を紹介したいと思う。この量子的な場からなる空間構成体であるが、以前の幽閉された子宮内宇宙である「内部マトリックス」とは異なり、新たに創り出された新生「内部マトリックス」であるということを理解して頂きたい。

この領域も、もちろん神聖なる空間であるが、更にいえば我々の時期ステージとして、能動的に創造が展開できる領域として用意した空間でもある。これについては本来、人は創造神(宇宙神)の分身であることから、本来の立場を取り戻し、自由自在に様々な創造が実現できるようになることを物語っている。そして、そのための空間構成体として浮かび上がったものが、図で示した新生「内部マトリックス」である。この新生「内部マトリックス」は、従来の「内部マトリックス」で見られた「時空間因果律」の痕跡は一切見られない。

何故なら、新たに創り出された新生「内部マトリックス」は、「時空間因果律」を完全に超えた次元領域に存在しているため、同じ「内部マトリックス」でも、創造の母胎として機能する特長がある。そのため、「外部マトリックス」から直接、この新生「内部マトリックス」に対し、創造行為を行なうことが可能になるからである。

以前の子宮内宇宙である「内部マトリックス」から完全に抜け出た現在、我々の魂としての意識は、「外部マトリックス」に実在として止まっている。今度は、その定位置から新生「内部マトリックス」に創造の触手を伸ばし、創造行為ができるようになる。

しかし、多くの乗船者にとって、直ぐに創造行為ができるかというと、そこには様々な諸法則の理解と活用のための最低限の能力を必要とするので、創造行為はかなり先になる見通しである。しかし、新生「内部マトリックス」では、量子場(光)の密度の違いから、以前よりも遙かに時間の速度も速く、創造が実現しやすい空間になっていることは確かである。

それらの諸法則の活用を習得してしまえば、自由に創造ができるようになる。そのためには、「外部マトリックス」での意識の自由度をMAXにする必要がある。創造行為については、今まで殆どといっていいほど、その可能性が閉じられていた。というのも、「内部マトリックス」環境では多くの場合、カルマ的な残留物によって、時空間的な抵抗が生まれ、思うような創造行為が出来ず、かなりの制限が掛けられていた。

このことは、「内部マトリックス」が人間にとって、自由な創造を阻む「檻」となっていた所以がここにある。しかし、これには致し方ない、と思える理由がある。何故なら、この段階では多くの場合、霊的な身体がまだ未熟児のように未発達な段階だったからだ。そして、もう一つの理由として、先ほど述べたように、人間には課題としての「根のカルマ」が存在しているため、どうしても自由な創造行為を優先するより、課題の解決の方が、宇宙では最優先されるからである。

そのため、「内部マトリックス」のことを「学び舎」と呼び、それぞれの持つ課題を解決出来なければ、何度でも厳しい試練がつきまとう。 ( 「カゴメの原理」を参照!) やはり、自由な創造は、それら様々な課題を解決した後に、宇宙からのご褒美として「学び舎」からの卒業資格が与えられる。そして、次の「外部マトリックス」へ無事に進学することができ、その自由性から真の創造性が発揮できるのである。今回の宇宙のプログラムでは、その課題をクリアー出来なければ、「内部マトリックス」という「学び舎」で、再び留年組として留まることになる。

子宮内宇宙である「内部マトリックス」において課題を次々に解決することで、身体フィールドの欠落点をなくし、エネルギーを充分に満たすことで、「内部マトリックス」を完成させておく必要がある。

つまり、未浸透部分としての苦手意識や精神的な問題点等、取りこぼしが無いよう、「学び舎」からの完全卒業が最低条件になる。何故なら、囚われとしての僅かな残像があると、縁に触れることで「時空間因果律」の作用が、直ぐさま起きるからである。このように、僅かな因子が手付かずのまま残っていると、たちまち呪縛としての時空間因果律に巻き込まれることになるからである。このように、宇宙の法則は、極めて厳粛かつ公平であり、この理に適わない者は、宇宙から不適合者と見なされてしまうからである。

このように、「内部マトリックス」からの卒業は、かなりハードルが高い。クリアーできない多の人が抱える問題として、自身の持つこだわりや固定観念があり、それに伴う精神的なバランスの崩れ、更には感情の乱れといった、個人が手こずる数々の問題を抱えている。

人間誰しも、様々な価値観や固定観念を持っているが、精神のバランスを保つために、その考えに固執し、外部にある体勢に依存したりしていることが多い。そのため、極端にそれに縛られている人たちなどは、時に、それを以って善悪をジャッジしたりして、人と争ったりする。その囚われ故、マトリックスからの脱出は、殆ど不可能に近い。

しかし、精神世界系の一部の人たちなどは、時が来れば自動的にアセンションし、その変化は誰にでも起きる、といっており、そういう考えは大きな間違いであることが分かる。先ずここで、時空間因果律からの脱出に必要なのは、これらマトリックスの持つ仕組みを十分に理解すること。そして、その上で意識的に自らの思考パターンを知り、情念のコントロールと、ありのままを受け入れる訓練、など数々の精神修養が必要になってくる。

ここで、大切なのは意識の偏りを完全に無くし、全体意識に帰還することにある。そのための第一歩として、善・悪の観念、好き・嫌いの感情、快・不快といった感覚、損・得を図る思考形態、それら一切の情念を外し、多様性を受け入れること。もっと言えば、たとえ自らに不条理な条件が降りかかったとしても、敢えてそれを受け入れ、認める意識を養うことである。これらの精神的な訓練を実践して行くことで、「情念の偏り」は徐々に修正されていく。

このように、因果律からなる輪廻の世界から、完全な形で卒業することが、我々にとっての目標であり彼岸となっている。従来の子宮内宇宙である「内部マトリックス」から、「外部マトリックス」に移行し、今度は新生「内部マトリックス」を生み出し、新生「内部マトリックス」内で、自由に創造行為が行えるようになるためには、数々の越えなくてはならない課題が存在している。

先ず、手始めに「外部マトリックス」への完全移行には、先ほど述べたように、「情念の偏り」をなくすことと、もう一つ重要なのは、「境界のエゴ」をすべて除去しなくてはならないということである。そうでないと、再び、子宮内宇宙に戻される確率が極めて高くなるからである。

「境界のエゴ」には様々あり、個人差があるが、それらは永年、個人の中で作り出された自尊心的なエゴから、集団になると組織エゴがあり、国家エゴにまで至る。これらは歴史的に見て、地球の抱える不幸の元凶となってきた。それら、「境界のエゴ」から放たれる所有欲や支配欲の感情が元で、争いを起こす火種となってきた事実は否めない。

しかし驚くことに、この宇宙プログラムの中には、大いなる矛盾点が存在している。というのも要するに、エゴを醸成する一方で、個性化も育んできた事実があるからだ。丁度、ワンパクな子供を持つ母親は、子供の悪戯に対し、決してそれを上から潰したりはしない。むしろ、暖かく見守り個性を育くむことを重要視する。

このように、個性化が育つことで、同時進行的に身体フィールドも成長していく、という側面も持ち合わせている。これに着手したのが、かの悪名高い堕天使ルシファーであった。ルシファーは人類に関与する前、神の楽園で誘惑のヘビとして登場する。ヘビは、最初イヴに対し、「禁断の木の実」を食べるよう薦め、それを食したイヴはアダムにも食べさせた。

そのことから、神の逆鱗に触れてしまい、遂にアダムとイヴは「神の楽園」から追放されてしまった。という、「失楽園の物語」は、予め宇宙が仕組んだ地球における人類発生と、進化のためのプログラムであった。しかし、創世記から永い永い時が経過した現在、人類の個性化=固体化は、ほぼ完了し、丁度、子宮内の胎児が十月十日経ち、出産という時期を迎えるに至ったことと重なる。

この時期は、ルシファーの幻想をいかに見破り、その呪縛から自らを解放させることが主要なテーマになっている。これは、人間界に対する神からの卒業試験であり、次に昇格するための篩(ふる)いと理解すべきだ。ここからは、人間界卒業のためのプログラムであり、それは「難産」を極めることが予想される。

人間の個性化・固体化を決定づけるものに「境界のエゴ」があるといったが、人間界からの完全卒業を目指す者にとって、この「境界のエゴ」からの完全離脱が条件づけられている。そして、遂に「境界のエゴ」が完全に取り外されたとき、始めて子宮内宇宙である「内部マトリックス」に仕掛けられたルシファーの呪縛から解放され、「外部マトリックス」に完全移行ができる。このことは、宇宙の神々と同じフィールド(宇宙大の)になることを意味しており、限定した人間という小さな枠組みの意識を離れ、遥か彼方の普遍的意識に止まることができるようになる。

その移行現象の末に、今まで気付くことが、出来なかった新たな発見が得られる。それは、今まで「内部マトリックス」において、人間を演じていた時、いかに小さなフィールドで生活していたかという事実に気付く。それは、自己という個体の持つ人間性や、社会通念などの常識という枠組すべてが幻想であったこと。そして改めて、その事実に気付くのと同時に、今まで味わったことのない、全体を一望できる普遍的位置に、始めて立った喜びが得られるのである。

地球において人間を学習するためのプログラムでは、敢えて人間を演じ切らせることで、魂の向上を図らせた。そのための学習の場として用意したのが「学び舎」としての「内部マトリックス」であった。その「学び舎」は、予めつくられた社会のルールに則り、執り行われた一種のゲームであり、それを真面目に取り組ませ、演じさせてきたという事実に気付くのである。

これを喩えていうならば、学校に通っていた頃、レクリエーションの時に、先生の指示で各班を編成し、予め決められたルールに則り、ゲームで各班を競わせたことを思い出した。この時、生徒は真剣さの中にも、遊び感覚を以て取り組み、これはあくまでも一時的に執り行なわれたゲームであり、誰一人として人生を賭けるような捉え方はしていなかった訳だ。

それが何時しか、地球という環境に生まれ落ち、人々は永い歴史を通して、その土地の文化や風習、思想や習慣、教育といった社会環境の影響を受けるようになっていき、それにより様々な理想を抱くようになっていったのである。

その結果、争い、搾取、支配の歴史がつくられ、「生」への執着から様々な利害得失を中心にした、価値観や固定観念が生まれたのである。それら、固定観念の集合体が、四次元の集合無意識からなる「内部マトリックス」という強固な「檻」を作り上げ、人類全体を巻き込んでいったのである。そして永い間、その「檻」に幽閉され、幻想という共通な「夢」を見続けてきたのである。

このようなカラクリを理解することは、我々にとって世界認識の変化をもたらし、存在論さえも根底から覆してしまうほど、大きな変革を遂げるきっかけとなるからだ。現在は、このような時期が到来したということであり、大切なのは、このような「カラクリ」を理解した後には、再び世界に飛び込み、人間を演じ切ることなのである。しかし、以前のそれとは明らかに違った質の人間になっていることは明白だ。

何故なら、「檻」の呪縛から解放されたことで、以前よりも「個別感」や「分離感」がなくなり、全体意識という心地よい「統一感」が生まれるからである。そのことにより、一段と自由度が増し、精神的にも「ゆとり」が生まれるからだ。

次元移行をもたらす「次元空間船」の変換スピードは、通常の空間にいるより遥かに早く、しかも、確実に移行できることから、乗船することは極めて有効である。何故なら、船の駆動システムそれ自体が、「内・外のマトリックス」における進化プログラムの流れそのものを背後で支える力(駆動力)だからである。

この「次元空間船」で、「外部のマトリックス」から、新生「内部のマトリックス」をコントロールする領域に移行することで、我々は「生命の共同超意識」という5次元の統一的な意識場からなる次元領域に到達できる。そこでは普段、現実と思って捉えている感覚のすべては、脳内で作り出された投影体であり、いわゆる「幻想の産物」という強い自覚をもたらすからだ。

これらは、すべてマトリックスであり、「外部マトリックス」から、通常の世界を構成している「内部マトリックス」への関与は、問題なくスムーズに行なうことができる。何故なら、四次元立方体からなる「内部マトリックス」の六面を構成している遮蔽幕に映し出された投影体は、絶えず万華鏡のように変転万化を繰り返しており、我々は直接そのものに囚われることは皆無に等しい。むしろ、これらの投影体を次々と受け流す意識感覚が養われ、いうなれば流れとして認識しているところがある。

これらは、「外部マトリックス」に止まることで、「内部マトリックス」に対する客観的な位置付けが以前よりも、増して明確になるという点も上げられる。マトリックス同士は、共通な原理からなるイデア体であることから、両者はピタリと重なり合い、意識を透過することから、我々は傍観者として止まることになる。

丁度、外の世界から透明なガラス窓を通して、「内部マトリックス」で繰り広げられる幻想と感覚の織りなす世界を眺めるようなものである。しかし、決して無感覚でいるわけではない。我々にとって重要なのは、意識のリアリティさであり、そこでの透明な意識感覚を維持することでもあるからだ。
[PR]
# by sigma8jp | 2012-04-27 13:33 | Comments(4)

2012 辰年 年賀

b0140046_3441540.jpg

[PR]
# by sigma8jp | 2012-01-06 03:38 | Comments(2)

次元移行の準備は整った!

b0140046_0553849.jpg
 
↑  「外部マトリックス」 は、量子の場として存在し、宇宙の無限空間を満たしている。この光の粒子は、ドーリル博士の文献では、通称コズミック・ダストと呼ばれ、宇宙微粒無限原子つまり、現代科学でいうところのトップ・クォークに当たる。(むしろ、現代科学で呼ばれている ”コズミック・ダスト”とは、「宇宙の塵」 を指し、上記のドーリル氏の内容とはやや異なる。)この宇宙で一番小さい最小単位の粒子であるコズミック・ダストが、高次元宇宙には満ち溢れており、無限の大海を形成している。

ここまで時間がかかったのは、やはり何といっても根のカルマの浄化と身体のフィールドの有機化に伴い、その生成に費やされた訳だ。そして、2012年というマヤ暦でも時間が終わる時にあたり、地上のリニア的な時間感覚は、時を追うごとに、次第に薄らいでいくことになるだろう。それに取って代わり、宇宙の深遠なエネルギーが流入し始める。

この宇宙の深遠な時間は、マヤでいうところの 「スユア」 に当たり、いわば宇宙エネルギーの潮流と理解すればよい。上記のコズミック・ダストが、スペース・チューブ(宇宙周期)を横切るとき、一種の潮流のような時間の流れを形成する。

非常に永い永い間、地球と人類はこの 「スユア」 の感触をすっかり忘れてしまった。この光の感触は、過去に味わった人にとっては、非常に懐かしい感覚を取り戻す機会になる。この光の潮流に乗ることで、よりリラックスした感覚が手に入り、魂と身体はすっかり癒され、隅々まで蘇るような新鮮な感覚を味わうことになるだろう。

これまで地球は宇宙のプログラム上、過去数十億年という永い間、真実の宇宙から隔絶され地球独自の閉鎖空間におかれてきた。それは、人類の身体と物質環境の双方を形成するための生成に費やされてきたからだ。その主な目的は、来るべき時期に、宇宙に羽ばたいていけるよう、胎児から成人になるまでの成長過程を宇宙から吾が子を育てるような眼差しで見守ってきた。

そのことは、同時に胎児を育てるための子宮内宇宙= 「内部マトリックス」 において、宇宙の深遠な流れである 「スユア」 は箱の遮蔽幕で遮られ、光は内部にまで浸透することはなかった。そのため、その中にいる胎児としての人類は妄念妄像という一種の夢に似た状態が続き、地球独自の歴史をつくり上げることとなった。そのような夢を見続ける意識のことをユングは、「集合無意識」 と名付けた。

そして、永い時間をかけてようやく人類は、宇宙に羽ばたくことができるまで成長を遂げたのである。そこで、「外部マトリックス」 にすんなり移行できる人々は、人類全体の何%かは、現在のところ未定ではあるが、もうじき大地の審判者である「スフィンクスの意思」 が下り、正式な数を弾き出すことになるだろう。それらの内容については、人間には一切タッチすることは出来ない。なぜなら、これらの内容については、神々が関与しているからだ。

それこそ、神のみぞ知るところである。我々は、ただただ宇宙神の心を吾が胸に抱くことのみである。決して神の教えに背く 「逆さっ子」 にならぬよう、自尊心を捨て、内なる真に従うよう心底素直であれ!そうすれば 「難産」 は避けられるからだ。天変地異や様々な病、災難はすべて心の間違いを示す、外在神からのサインであることを理解すること。これらは、今日まで「内部マトリックス」 において、人間のための学習プログラムとして学んできた訳である。いわば「内部マトリックス」である地球の場は、次期「外部マトリックス」 へのライセンス取得のための 「学び舎」 であったということ。

因みに、「内部マトリックス」 での必須科目は心の調整力を身に付けることであった。これらは主に、心のバランスを保つための学習プログラムであるが、大概の地球人は、心の平衡を保つことが出来ず、感情的に陥り、怒ったり、恨んだり、不平不満を言ったり、妬んだり、イライラしたり、人を咎めたり、自己中心であったりする。また時に、不安や心配心、疑い、迷い、といったネガティブな感情も日頃から放ったりする。それらは全て、念波の乱用や感情の乱れに直結するからだ。これらの念波は、一旦放たれると 「時空間因果律」 を増大させ、様々な歪みを次々に生み出すことになる。

この時空の歪みが、素粒子レベルから始まり、原子レベル、そして分子レベルにまで至り、更なる歪みとして、次々にしわ寄せが拡大され、遂に細胞レベルに達し肉体の病を引き起こすまでになる。これらは更なる残留思念として、カルマ物質を地下に溜め込むことになる。それが、いわゆる 「根のカルマ」 の実態であるが、この 「根のカルマ」 の清算が今この時期に起きているため、地上での天変地異が至るところで起きている。それは、個人のレベルにおいても同様であるが、我々にとって 「根のカルマ」 の浄化処理とは、時間を逆戻りして人類がかつてカルマを放つ以前の時間、つまり人類発生の創世期まで遡る。これには、とてつもない労力と無限過去に近い時間にまで遡る必要がある。そして、その過程で 「スフィンクスの門」 を潜り抜け、次元移行を迎えることとなる。

因みに、「スフィンクスの審判」とは、黙示録でいうところの 『最後の審判』 に該当し、それは要するに、「内部マトリックス」 から 「外部マトリックス」 への移行に関係している。そして、その手前に 「スフィンクスの門」 があり、そこを潜り抜けることから、人類にとっては一種のイニシエーション(通過儀礼)ということになる。そこは、要するに胎児が出産するときの 「子宮口」 に該当し、そこを潜り抜けることは、いわば宇宙に出るための出産ということになる。神社にも同様に、藁(わら)で編んだ輪を潜る儀式が昔からあるが、「国常立の神」 に言わせれば、これらは「一厘の仕組」 に通じるものがある。

いずれ、「スフィンクスの門」 の秘密について書こうと思うが、今はあえて触れないことにする。ただし、一つだけ触れておくと 「外部マトリックス」 への移行は大地の底、つまり地球の中心核にある 「アメンティーのホール」 への到達が 『鍵』 を握り、そこは 「I・YOD(イヨッド)」 と同期している。つまり、この 「I・YOD(イヨッド)」 とは、原初宇宙の領域を示し、そこば宇宙を創造したときの息吹きで満たされている。つまり、 「I・YOD(イヨッド)」 とは 「外部マトリックス」 ということになる。そこは、通常の時間とは異なり、放射状時間が息づくいわば無限大の大空間である。

現在、「次元空間船」 は、この 「I・YOD(イヨッド)」 と同期しつつある段階に達した。この船の役割は、共同超意識という魂の連帯を保ちつつ、集合的な魂のクラスターとして巨大な一つの魂として個々の魂を核融合させ、次元変容を加速している。ここに参加することで、自動的に次元変容が加速する仕組みとなっている。この集合的な生命の結束力を示す良い例としては、渡り鳥が挙げられる。渡り鳥がなぜ集団で移動するか、ということである。

その主な利点は、個々の力を集団で持ち寄ることで、膨大なエネルギーを共有し、効率よく長距離を僅かな力で移動することにある。それが、もし一羽づつ渡るとなったら、殆ど不可能に近い状態になり、極めて危険な賭けになってしまうからだ。そこで、「次元空間船」 も同様なシステムから、効率よく僅かな力で不可能に近い作業(無限過去に及ぶ長距離の移動)を成し遂げ、それら膨大なエネルギーを利用して、高次元への跳躍を図ろうとすることにある。まさしく、密教の曼荼羅も同じ機能を持ち、これも同様なシステムを採用しているところがある。

無事に「外部マトリックス」に到達してしまえば、これで出産は完了ということになる。しかし、作業はこれで終わらない。後に残された人々のサポートにまわることになるからだ。
[PR]
# by sigma8jp | 2011-12-28 00:48 | Comments(5)

「 外部宇宙への扉(ポータル)= 梯子の形成 」

b0140046_3252436.jpg

---------------------------------------------------------
ケロリンさん
コメント頂き有り難うございます。
ケロリンさんも、生命の樹を更に掘り下げて、独自な研究をなされているのですね。
以下、5つの質問にお応えしていきたいと思います。

(質問:1)
”変形カサラ・グリッドというものは、人類集合意識そのものが制限をかけてきた、あるいは、揺籃環境(内部マトリクス)という必要悪、でもあったのですね?”

今回、カサラ・グリッドという言葉をはじめてケロリンさんから知らされました。この変形カサラ・グリッドについては、私自身知識不足であり、それがどのような機能を持つかは定かではありません。このご質問に対し、適切に応えることができずごめんなさい。

揺籃環境という、「内部マトリックス」 (カゴ) に人類を一定期間、押し込めたのも,、学習のための必要悪だった訳です。同時に、集合意識自体もルシファーから幻想をもろに受けていることから、自ずと出られない条件をつくってしまった。あるいは、未熟児である人類は、成長するまでの一定期間、幽閉される必要があったと、いえることから、そのどちらも正解です。要するに、地球における 「宇宙のプログラム」 ということです。


(質問:2)
” 一部、変形カサラ・・・9個の接合ポイントしかない生命の樹は”堕天情報” だという意味が、これで解けました。 ”

ダートの位置が抜け落ちている生命の樹を多く見かけますが、これらはケロリンさんのおっしゃる通り、堕天使であるルシファーが意図的に仕組んだものです。何故なら、楽園追放後に人類を「内部マトリックス」に幽閉し、支配するため様々な感覚的幻想を与えて、人間の手によって今の地上にある世界機構をつくらせました。


(質問:3)
”おそらくは、意識進化の状態で、ケテル上部に、マルクトに対応するチャクラが隠されているのでしょうね?”

チャクラに対応させれば、進化した人間にはその痕跡が見られるでしょう。これをカバラ・システムに置き換えると、今回の図からも明らかなように、ケテルとマルクトには、それぞれ半分づつの共振ユニットがビナーとコクマーによって形成されます。この共振ユニットが、そのままダートの位置に組み込まれ、抜け落ちた共振ユニットの穴に穴埋めされます。これにより、上位( 「内部マトリックス」 から外の世界へ抜ける) に繋がる梯子がすべて連結されることになり、霊的成長と合わせてアダム・カドモンの身体も完成します。

しかし、生命の樹の根っこに対応するビナー、コクマーの共振ユニットが根腐れを起こしてしまうと、ダートの位置に連結される共振ユニットが得られず、次元上昇できなくなります。これは、ダートの意味である人間としてのルールや理性の健全化と、生命の樹の根っこに当たるビナー、コクマーの健全化とは、その両者は深く結びついているからです。極端な例をいうと、理性の欠如が甚だしく平気で、「モーゼの十戒」 を破る一部の 「獣人」 は、明らかに、ビナー、コクマーの共振ユニットそれ自体までも、根腐れを起こすことになるからです。

(質問:4)
”厳密に言えば、<ビナー、ケプラー、ホド、><コクマー、ケセド、ネツアク、>左右それぞれを結ぶ、十字接合部分にもポイントがあり、総計15ポイントで、左右上下完全対称形となり、初めて、生命の樹の完成型になるんですよね? ”

細分化すれば、確かに全部合わせて15個の接合ポイントが出来ます。図では、ケテル、ティファレト、マルクトの垂直ラインには小さな4組のダイア型コーンが描かれています。更に、この位置から一つずれた位置に対象系のダイア型コーンが隠れています。その接合部を合わせると中央の垂直ラインだけで、9個の接合部が現れ、左右の6個を足すと全部で15個の接合ポイントが出来ます。


(質問:5)
”イシスのトゥーラとは、ケモノがヒトへと成長する過程での準備期間・生命場の意識調整、ということだったのですね。”

ダートの意味は、イシスのトゥーラと深く関係します。何故なら、ダートには律法(ルール)を守るという意味があり、これも旧約聖書の「モーゼの十戒」になぞられているからです。現代社会においても、暗黙のルールがあり、「内部マトリックス」での学習の場では、人間を体験し、共同体の在るべき姿や、それらの秩序を保つためのルールを学習するからです。この学習も成熟する段階になると「理性」が育ってきます。これに合わせてセカンド・ボディーである身体も成長していきます。その成長と同時並行的に、(質問:3)の原理が顕在化してくるからです。

(以上)
---------------------------------------------------------
[PR]
# by sigma8jp | 2011-09-27 02:37 | Comments(5)

時間の壁を超える時期が近づいた!

b0140046_4421957.jpg
古い地球の「内部マトリックス」 ↑

  待ちに待った彼岸として目標にしていた、時間の壁を超える時期が遂に近づいた。この予感を感じたのは、ここ一ヶ月のことであり、過去から行っていた作業として地層の壁を遂に突き破ることに成功した。これにより、地球中心核にあるアメンティーのホールに出ることができたのである。この領域に出ると、地球の制約として何世も付きまとってきたカルマ的な資質として横たわっていた先祖や民族の遺伝的な特性からの影響を受けなくなる。

この影響は、おそらく誰もがこれら時空間の制約として天体地球から宇宙の外である創造の源へ行くことを永い間、阻まれてきたといっても過言ではない。この壁は、地球人類にとっての 「檻」 でもあり、この 「檻」 のことを私は、「子宮内宇宙」 又は、古い地球の 「内部マトリックス」 といった。この象徴が、日本のお祭りで皆が担ぐ 「お神輿」 である。

この領域は、もろに時空間的な因果律から制約を受けるよう、予め設定された空間領域でもあった。何故なら、宇宙のプログラムを実行する神々にとって、地球と人類のエネルギー変容を促進するに当って、魂と霊的身体の成長を目的にしていたからだ。要するに、この時空間領域は学習のための学校でもあった訳であるが、これまでの時代は 「影の時代」 として止まり、人類は宇宙の真の情報や次元領域から遮断され、狭い箱の中で右往左往しながらも、様々な歴史を通して多くの経験(教訓や成功体験)を積み成長し続けてきたのである。

これら、臨界点へ向かうためには、どうしても人類は、時空間的な制約を受ける必要があったことが容易に理解できる。何故なら、この因果律から自らが直接受ける体験を通して、よりリアルに学習を積むことが出来たからである。これらの学習体験から様々な理解が生まれ、同時にエネルギー変換も一緒に促進されていくからである。つまり、一時的な制約を踏むことで、魂と霊的な身体の成長を促進する力になったということである。

予断であるが、体が十分に出来ていない段階で、外の高次な宇宙次元に放り出されたら、殆どの胎児は生きていけない。これは、未熟児の段階で外の世界に出されることと同じで、そのための措置として胎児を一時的に、安全な場に移し保護する必要があったからだ。それが、「保育器」 であり、時空間的な制約を設けることで、逆に胎児にとっては保護される力に取って代わった訳である。この緩やかな成長過程を通して、身体と併せて個性化を育んできた。

しかし、永い間の変容から胎児は心身ともに十分に育ち、いよいよ子宮内の世界から胎児は外の、より高次な世界に生まれ出て更なる成長を遂げようとしている。現在、この臨界点をどれだけの人が感じ取っているのか?これらは、人によって様々持つ特性から、どうしても個人差が出てくることが予想される。しかし、この違いは、どこから来るのか ・・・ !

それは、個人の気質が生み出すカルマ的な要素からカルマ物質を生産し、それがどれくらい地層に堆積物として残しているかである。その量の違いからも個人差が出てくるが、それらがアメンティーへの通路を阻む一種のブロックとなっており、それが通過する上での一番の問題点となってくる。人を外見から見ただけで、その人の持つカルマの量を判断する手掛かりは得られない。私の経験上、蓋を開けて後から分かることは、表に表れているところは氷山の一角であり、まさに表に現れていない水面下にこそ、大量の根のカルマが横たわっていることに何時も驚かされる。

それこそ、一人ひとり蓋を開けてみなければ、判断が付かないところがある。この物質が大量にあると、出産がどうしても 「難産」 になりやすい傾向になる。そのため、予定の時期より、かなり遅れるのは必須である。更には、現在も尚、エゴを暴走している人にとっては、より危険性が出てくることは確実である。これらのカルマ物質とは、消極・否定的な情念体がつくり出した産物である。この情念体を意識的・無意識的に出す習慣のある人は、修道を実践する必要があり、進んでこの時期に実践が出来れば、どうにかギリギリ間に合う。

これらの情念体が放たれた結果、空間に融けて消えることは決してない。それは、そのまま地下に溜まり、幾重にも鍾乳石のように堆積し地下深くまで根を張り成長し続けるところがある。そして、しまいには自らを支える 「生命の樹」 を根こそぎ枯らしてしまう。要するに、そのまま放置すれば、いずれ根腐れを引き起こす原因にもなるからである。「生命の樹」 は、カバラでも象徴されているように、これらを支える根源領域は根の世界に存在し、現在、そこでの浄化作業が急務であり、この作業は非常に困難を極めるからだ。

子宮内宇宙に象徴される 「内部マトリックス」 領域とは、心と感情の織り成す潜象世界であり、神秘学でいうところの 「月下の世界」 に象徴されている。要するに、個々の潜在意識は人類の集合無意識と、直接的・間接的に連動していて、そこを形造る世界と理解すれればよい。ここを 「赤の世界」 といって、宇宙では 「赤の書物」 が存在しており、心や感情に対する学習要項として示されている。

外の世界、つまり 「外部マトリックス」 の世界に出るためには、この赤の領域を完全に自己コントロールするためのライセンスが必要になってくる。この 「赤の書物」 を学習し、完全に卒業しなければ宇宙へのライセンスを神々から戴くことは出来ない。赤の世界の向こう側にある教えこそが、「宇宙の叡智」 であり、この領域は 「青の書物」 として存在している。

因みに、 「赤の書物」 の内容について付け加えれば、自らの心や感情の乱れに対し、自己コントロールする完全なる調整力と併せて、生命にとっての普遍的な愛念、感謝の念、慈悲の念といったものも含まれている。それらは、かつてのキリストや仏陀の残した教えに見られるような、神や宇宙に対する信仰的な要素からなり、全体的にそれら心の発動を促す教えが主眼となっている。そこを橋渡すことで、「外部マトリックス」 領域である 「宇宙の叡智」 へと繋いでいくことができる。

この時期、通常の時間の流れと並行して、過去へと遡る時間の流れも含まれている。そのため、出産の流れに便乗している人は、必然的に過去の出来事に遭遇しやすい傾向にある。これは、すなわちカルマ的な印象に見舞われ易くなるということでもあり、過去に負ったトラウマ的な印象を次々に受け取るため、いわばフラッシュ・バックしやすい状況にあるともいえる。これらは、童謡でも唄われているように、”行きはヨイヨイ、帰りは怖い”と、いうことを物語っている。

そこで、大切なのは心や感情の乱れから自らを見失うことなく、十分に意識的かつ精神的なバランスを保つことが大切である。これらの重要性を現在、少なからず実感している人にとっては、正常な出産への流れに乗っている確認にもなるが、人によっては完全に抜け切った人もいて、一切の感情的な乱れがなくなり、すっきりした感覚が続いている、という人もかなりいる。

前回、人間はややともすると、”猿同然であると神によって示された!” という話をしたが、これは、「三猿」(見ざる・聞かざる・言わざる)として、神が地上に降ろした象徴物の一つであり、まさに、この時期は冷静な自己コントロールを保つ人間こそが、「難産」 を無時に乗り越えていくことが出来ることを示唆され、同時に修道の大切さも示された。

我々の船である、「次元空間船」 は、幸いに時間を逆流している速さが間接的な時間を生きる地上の人たちより、桁外れに出産が早く完了する仕組がある。そのための要素として、「次元空間船」 との同調率を高めることが 『鍵』 になっている。そして、上記で説明したように心の調整と併せて、共同超意識(非局所的な一体感)としての連帯感をそれぞれ持つことが重要になってくる。
[PR]
# by sigma8jp | 2011-08-22 04:10 | Comments(3)

高次元へ移行させるための 「次元変換システム」

b0140046_430031.jpg
「次元空間船」のアセンション・システム
[PR]
# by sigma8jp | 2011-08-02 04:16 | Comments(0)

「イデア世界」 に打ち立てられたかバラシステム

b0140046_3195074.jpg

[PR]
# by sigma8jp | 2011-07-06 03:04 | Comments(4)

究極のステージ 「シータ・ユニバースへの旅!」

b0140046_23324690.jpg

 今回のテーマである 「シータ・ユニバースへの旅!」 について、少しだけ触れておこうと思う。人によっては、様々な疑問が生じると思うが、この旅の乗り物である 「次元空間船」 は、我々の一般的な概念としての 「乗り物」 とはまるで違う性質のものであるということを先ず認識する必要がある。

この 「次元空間船」 は、我々が今まで知る、車や船、飛行機といった環境の外に存在する人工的な 「乗り物」 ではない。まったく概念の異なった 「乗り物」 なのである。これは、はっきり 「乗り物」 といっていいか定かではないが、私も新たに宇宙から教えられたことは、「乗り物」 であって、「乗り物」 を超えたシステムであったということ。それまでは、UFOの一種と考えており、通常のように人が乗り降りすることが出来る 「船のようなもの」 と思っていた。

しかし、新たに分かったこととして、このシステムは、自身を 「アニマ・ムンディ」 としての世界卵=地球自体の元素霊との合一を果たす一種の媒体的機能を持つシステムだとはっきり認識できたことだ。要は、この船に同調することにより、自らの身体、魂そのものが地球の元素霊との完全融合を果たすことが出来、そのための有効な 「乗り物」 だったのである。

この元素霊は、地球の生命素であり、我々の身体や魂も、元はこの地球の元素霊から生まれ出た。それ故、この元素霊との完全融合を果たすことで、宇宙神が定めた人型であるアダム・カドモンの受肉化を果たすことができる。そして、この 「次元空間船」 は、アダムカドモンの受肉化を早い速度で生成促進し、完全有機化を達成することが出来るアシスト船といえるのである。

我々は、人類の中でもいち早くこの人型に辿り着き、これを受肉化することで、来るべき人類の変容をサポートする先がけにもなる。しかし、これも場合によっては「選民意識」を持つ人が今後出てくる可能性を考慮し、あまりダイレクトにこれを打ち出すことを控えたい。しかし、これも我々のはたらきであり、天のプログラムと理解している。

そして、次元移動についても若干、修正すべき点があるように思う。多くの人が思い描くシーンとして、地球を離れて宇宙空間を横切るイメージを持たれる。これも 「次元空間船」 の概念と同様に地球を離れるという外部に時空を置く癖から、認識のズレが生じてくる。真の宇宙は、我々の内面に存在し、この座標はどの次元や宇宙に行っても普遍的な標記であることに変わりはない。

そのため、次元移動は精神的な内面における座標の移動であり、それは常に我々の内側で起こり、同時に地球の座標を通して起こる現象なのである。つまり、光明を得る悟りとは、正式には内側での次元移動なのである。今回、究極のステージであるシータ・ユニバースを我々の最終目標に掲げたが、これも内側で静かに起こる次元移動と理解していただきたい。

宇宙の意思いわく、目標は出来るだけ高く掲げることが、本来の望ましい姿である。といわれた。その心は、高い目標を掲げることで、人は努力する上でも励みになり、生きる上においても醍醐味を感じるからだという。そもそも、宇宙神が「ダルマ」を象徴的なアイテムとして地上に降ろした一番の目的に、今回のプログラムがある。これを人類すべてが通る 「通過儀礼」 と位置づけ、それを果たすべく、究極的な意味での 「ダルマ」 の眼に墨を入れる 「誓願」 にもなるからである。
[PR]
# by sigma8jp | 2011-06-05 23:22 | Comments(4)

潜在的に持っている心の闇の対処方法とは

ある人からの質問1:”精神の死の灰(映画 『ネバー・エンディング・ストーリー』 に隠された真義!)のことです。この影響がかなり人類に大きな影を落としているような気がするのですがこれを浄化するにはどうすればよいのでしょうか?”

 確かに、地球人が吐き出す 「精神の死の灰」 は、遥かに進んだ知性と科学技術を持った宇宙人でさえも、大変に厄介で手ごわい「類」のものと言っています。更には、自分たちも 「精神の死の灰」 についてどうにかしたい。しかし、「精神の死の灰」 に近づくことは自らを危険にさらすことになるので、これ以上、近寄れない!とはっきり言っています。なので、地球人の問題は地球人自らが処理するしかないのです。これが、「宇宙の掟」というものです。

これが、あまりにも地球の内部に巨大な闇を形成しているので、大変に厄介です。以前、ミヒャエル・エンデの小説 『モモ』 にもこの 「精神の死の灰」 について触れていましたが、この根本の闇は、生命の本質的輝きである「時間の花」(生命の花)を根こそぎ枯らしてしまうほど危険なものです。小説では、「精神の死の灰」 から 「灰色の男」 が増殖していき、次々に地上の人間をマインドコントロールにかけ、おかしな方向に持っていきます。

その結果、今まで空間の中に降り注いでいた、光の感触や、ゆったりと流れる 「のどかな時間」 が地上からなくなっていき、それと同時に、人々の心にもゆとりが消えていってしまいます。最後に自然界も脅かされていきます。この大自然の背後には、四次元の精霊が生息していますが、「精神の死の灰」 に侵されると、精霊までも根こそぎ死滅させてしまう力を持ってます。丁度、海底の珊瑚を死滅させる天敵である鬼ヒトデや赤潮のようなものと考えたらよいでしょう。

この 「精神の死の灰」 の原因は、それぞれの人の潜在意識に横たわる一種のトラウマですが、その多くは、過去世に負った精神ショックが元となっています。主に、死への恐怖、孤独への不安感、皆から取り残されるという恐れ、未知に対する恐怖心、競争心・闘争心、呪い、怒り、嫉妬心、絶望感、悲壮感等があります。

これら 「精神の死の灰」 は永い歴史によってつくられた地球人の集合無意識からなる地層の記憶として存在しており、それが地球の地下深くまで伸びていて、四次元の地獄界を形成しています。かつての釈迦も、この人の根本無明である 「生・老・病・死」 に初めて触れ、衝撃を味わった一人です。当時の釈迦は、大変に恵まれた家柄であり王子であったにも関わらず、出家まで決意させ最後に悟りを拓いて仏教の教えを世に残しました。それがきっかけで 「煩悩即菩提」 という仏教の真髄を見い出しました。

現代社会でも年々、自殺者が増加していますが、その多くはこれら 「精神の死の灰」 に触れた時に起こる精神錯乱や憑依からくるものです。これら、「精神の死の灰」を浄化し、除去する方法はありますが、ただこの根本無明である 「精神の死の灰」 と真正面から向き合える人はおそらく皆無に等しいでしょう。それだけ根本の闇と向き合うには、大変に勇気のいることです。自らの潜在意識の奥に潜んでいる根本の闇を受け入れることで、吸収・消化はできます。

ただ、それには武士道に見られるような日本文化の良いところである、いさぎよい姿勢として、自らの非を認める心や、反省する心といったような精神修養の姿勢が不可欠です。多くの人は、この 「精神の死の灰」 を 「開かずの間」 に永い間、しまい込んでいて、数多く転生しても尚、一向に処理出来ないことから、大概その反動(ストレス)で、他人の批判を言ったり、他人のせいにしたりします。

それだけ、地球人は弱い存在で自分に対しては甘く、逆に人に大して厳しい姿勢を取り、他人を認めることなく批判し続け、排斥してきた歴史があった訳です。そこで闇の連中たちは、そのような地球人の弱い特質を逆手に取り、コントロールが容易にしやすくなっているという現実があります。その結果、永い間、地球社会は彼らに支配され続けてきました。

精神的な目覚めを求める人は、自らの内に残されている根本の闇を先ず、処理する手続きをしなくては、光を見ることは絶対にありません。そこで、禅や瞑想といったメソッドを一生を費やし、行っていくことが望まれます。初めて行う方は、自分一人でやることは極力避けていただき、できるだけ指導者に付いて行っていくことをお勧めします。以上のことからもわかるように、潜在意識の領域は混沌渦巻く不可知の世界ですので、甘く見ない方がよいでしょう。
[PR]
# by sigma8jp | 2011-05-06 23:49 | Comments(0)

これからの大変動を乗り越える秘訣!

 昨今の大震災をかわきりに、様々な既成概念、常識の範疇を超えた、まさしく想定外の出来事でもあり、これにより人々の固定観念も揺らぐと同時に、古い世界という箱(檻)も一緒に揺らぎ始めています。これら箱の変動は、あくまでも魂の「仮の宿」としての学校の一時的な解体でもあり、同時に次の高次元世界という新たな捉え方を準備するための篩(ふる)いとも解釈できる訳です。

もう既に、地上(水平軸)にある従来のような目標とすべきものや、信じて従うべきも、指針となるべき基準点は、この世の中には一切残っていないのが実情です。あるのは、宇宙の高次元という垂直軸に、未来へと続く真の目標があります。

横軸に目標があった時代・・・例えば、明治維新のように、当時、日本の文化よりも、遥かに優れた文化が西洋にあることを知り、幕府を倒して大改革を興しました。しかし、現在は外国に目標とすべきもなど一切なく、過去の時代にもありません。要するに、目で見て確認できる具体的な何か、ではもう見い出せなくなっています。つまり、目に見えない何か大切なものに、気が付かなくてはいけないのです。

元来、魂は一切の執着のない裸一貫の姿が本来の姿であるのですが、不幸にも生まれ落ちた後、社会から様々な常識という既成概念を持ち込むよう教育されてきました。その結果、人は魂の進化が目的というよりは、むしろこの物質世界に執着し生きることで現実世界との自己投影化=同一化をするようになり、この現実世界でより良く生きることが目的になってしまいました。

これらは、単に肉体を養うことだけに目的を見い出し、日々アクセクする生き方が主流だったわけです。しかし、根本的な目的をはき違えてしまった人類に対し、宇宙の意思はそろそろ変革のときを迎えるに当り、現実世界の変動が必然的に起きることで、物質世界の様々な執着を人々から手放させるための「篩い」=「禊」の時期が来たと言っております。

この時、自我という強固な枠組みが崩壊することで、魂は元の透明で純粋な光り輝く世界に返り咲くことが出来ます。自我の死を通過することで、本来の魂の居場所にたどり着くことが出来ます。ここが本来の魂の普遍的位置だったことが分かるようになるでしょう。古い時代の 「学び舎」= 「仮の宿」 で催された神(紙)芝居の幕が、いよいよ下り始めています。

旧約聖書の 『ヨハネの黙示録』 がありますが、これは、夜の終わりを意味し、よくお芝居でも 「終わり」 のことを 「跳(はね)る」 といっています。つまり、古い地球の世の神(紙)芝居が終わることを意味し、これはそのまま直訳すると 「夜の終わり」すなわち 『ヨハネの黙示録』 として理解することができます。また黙示とは 「黙って示す」 という意味があり、これは何を意味するのか?以前に宇宙に尋ねたことがあります。

これについては、要するにこの時期は、変革の時期が来たということを人々に知らせするため、無意識のうちに感じとらせている、ということです。これらは、中世の時代から天使がラッパを吹く合図=寓意図として象徴化されてきました。この時期には、その音が総ての人の胸に鳴り響いているというのです。

そして、その意味をそれぞれの人が、吾が内なる声として感し取り、魂の目覚めが急務だと感じさせている、というのです。そのため、神は「黙って示す」という暗号で示しました。もともと神という字は、「示して申す」という字からなります。では一体何に「示し申しているのか?」それは、「神」とうい字を分解すると「神=申に示す」という字からなっていることが解ります。

つまり、「示して申す」の「申」は「猿」とも読みます。このことから、「猿に示している」という暗号が読み取れます。では何故、猿なのか?それは、神から見て人間はややともすると、「猿」同然だ!ということです。「猿」の性質と同じ要素を持つ愚かなる人間の姿・・・!。そこで、神は人間に、「三猿」で示してあるというのです。

それが、日光の東照宮にあるあの 「三猿」 です。日光の東照宮といえば、徳川家康公の亡き後に、遺言に従って家康公の息子の秀忠(ひでただ)によて、日光に廟をつくりましたが、しかし、廟の規模が小さかったため再び、家康公の息子の家光(いえみつ)公によって、寛永元年(1636年)大規模なものに再建した歴史があります。このように、東照宮の歴史を見ると非常に新しい時代の建造物です。ここに、「眠りねこ」と一緒に「三猿」が彫刻として施されています。

三猿は、神厩(しんきゅう)の長押(なしげ)を飾る彫刻ですが、この神厩とは、東照宮の神馬(しんめ)を入れる馬屋(馬小屋)のことであり、もともと猿は昔から馬の守り神とされてきました。神厩すなわち馬小屋といえば、すぐさまイエス・キリストの産まれた馬小屋を思い出します。

西洋では、「白馬」 のことをイエス・キリストに見立てて象徴化していました。これは、すなわち産まれ出た 「子」 としての 「真我」 でもあり、「キリスト意識」でもあります。それをそのまま 「三猿」 に当てはめると、出産の守り神ということになります。更に、正確に表現すれば、胎児が安全に産道をくぐり抜けるための 「交通標識」 のようなものです。つまり、安産を導くための鉄則がこの 「三猿」 には、隠されているということです。

この 「交通標識」 を守らない者は、事故に遭います。その 「三猿」 とは、(見ざる)・(言わざる)・(聞かざる)からなる 「三猿」 ですが、その 「姿=標識」 は、神は人間の悪しき姿=(対立感情や様々な外界の刺激といった欲望)に対して、猿の感覚をすべて封じさせたポーズをとらせています。なぜならこの時期、重要なのは出来るだけ変動する世界に対し、感情の乱れや、執着をすべて捨てさせることが重要だからです。

余談になりますが、古い路地裏などに立てられた「庚申塚」を目にしたことがあると思いますが、 これら、「庚申塚」 には、「青面金剛」 や 「馬頭観音」 といった憤怒尊の脇持に太陽と月の紋章が標されていて、そのすぐ下に 「三猿」 が 「標識」 として、石塔に彫られています。これらの風習も、道教の特色が色濃いのですが、中には神道の「道祖神」信仰から来るものもあり、そこでは 「猿田彦」 がそのまま 「三猿」 の役として道案内する神になっています。それらの意味は、無事に通過するように・・・!という願いが込められています。

なかなか、人間の持つ性(さが)から、簡単に執着を切り離すことは出来ず、外部の動きや欲望といった対象に対し、猿のようにキー・キー、キャー・キャーと激しく感情を昂ぶらせ、感覚反応を先行させてしまうからです。そこで、それらの感覚反応を全て封じることが、この時期は特に重要だということを「猿」に「示し申してある」といいます。この感覚反応を封じることで、初めて内なる魂に触れる準備が整うからです。

これにより、次に 「ダルマの原理」 が出てきます。この 「ダルマ」 は、心の姿勢として子宮内宇宙を通過(出産)するための標準装備ということになります。なぜなら、「ダルマ」 の姿は感覚を暴走させる「猿」の性を封じた姿でもあるからです。いや、むしろ「三猿」である(見ざる)・(言わざる)・(聞かざる)の目・口・耳はおろか、手足まで捥(も)いでしまった姿を象らせているからです。

以上のことを総括すると・・・この時期は、神の 「黙示」 として 「三猿」 の戒めを理解し、「ダルマ」 に帰り、「七転び八起き」 で七つのサイクルを通過せよ!という暗号が出てきます。ということは、逆に「猿」の性質同然になる現代文明推進派の人たちは、これから起きる 「禊」=「篩い」 に対し、七つのサイクルを通過できず、「七転八倒」 の苦しみにさらされる可能性が十分あります。つまり、安産とはいかず、艱難辛苦の 「難産」 か、あるいは 「死産」 の危険性が出てくるということです。

そのため、「ダルマ」 には、無時に日の目を見ることを願って、先ず 「左眼」 に墨で黒く眼を入れ、「七転び」 の後、無事に八回目で起き上がることで初めて目標が達成でき、「右眼」に墨を入れます。これは、無時に出産が完了し、新たに子供が授かる時など、または新たな年明けなどには、「目出度い」=「眼が出る」 とか、「日の目を見る」という言葉が使われます。

b0140046_717968.jpg

  ”カゴメ、カゴメ籠の中の鳥は、いついつ出ある。夜明けの晩に、鶴と亀が滑った!後ろの正面だあれ!”・・・いよいよ、新しい世をお迎えするための 「陣痛」 を伴う 「立替え・建て直し」 の 「儀式(お祭り)」の始まりです。

”飛ぶことを忘れてしまった籠の中の鳥は、習慣という永い眠りに浸っていたが、いよいよ新しい時代の夜が明けようとしている真っ暗な晩(魂の暗夜)に、お神輿(世界)は外部から強制的に揺さぶりを掛けられ、人類は世界という箱の中でうろたえることとなる。揺さぶりの中、うをさおしながらも・・・アッ!という瞬きする間もなく、鳥(魂の象徴)は外へと飛び出し(開放され)、目出度く鳳凰(火の鳥=真我)となって宇宙へ羽ばたき(自由性を獲得し)、魂の故郷に帰ることとなる。”

このことからも分かるように自我に対しては、衝撃的な出来事の連続ですが、このぎりぎりの限界点で、どれだけの人が魂の位置を見いだせるか?これについては、現時点ではまったくのところ未知数ですが、魂が無時に目覚めることが出来るよう、ただただ幸運を祈るだけです。
[PR]
# by sigma8jp | 2011-05-02 07:18 | Comments(3)

今回の大災害の意味について

ペトロンさんからのご質問で・・・

 ”今回の大災害と放射能に関しては、陰謀説、地球の浄化作用説、様々飛び交っており、少々混乱気味の昨今です。管理人様におかれましては、どのようにお考えでしょうか。”については、確かに色々な情報が飛び交っていますが、はっきりと言えることは一つの解釈だけで解明できる類のものではありません。

今回の現象については、多角的な複眼的視点が要求されます。私自身の体験から言いますと、震災の起こる一ヶ月前からかなりの圧力を感じておりました。その圧力とは、闇の勢力の圧力です。彼らは、今日まで社会の支配的な特権階級にある人々を地下からコントロールしてきましたが、ここに来て彼らは地球自体の振動数が高まってきていることを懸念し、何らかの集合的な混乱を企てようと計らっていることを知りました。

当然、彼らにしてみれば、このまま地球が光へと変換してしまえば、自分たち闇の勢力はことごとく生存できなくなることを知っているからです。そこで、集合的に人々の恐怖や不安感、絶望感、怒り、悲しみといった業想念を一斉に発生させる原因をつくる必要があった訳です。

それらの業想念を大量に発生させることで、地球が元の闇に覆われた彼らの住みやすい環境がつくり出せるからです。要するに、宇宙時代に移行するにつれ、いよいよ地球に光が増す段階になると、自分たちが地球で寄生できなくなることを彼らも十分知っているので、いざそのような状況になった時のことを考え、それを阻止(光の進行を阻むための逆転劇)するための様々な形の暴走装置を彼らなりに、人間を使って配備させてきました。

それが、今回のような自然災害を引き起こす力(霊的・人工的)だったり、原子力発電所の配置、強毒素の伝染病をもたらすウィルスの蔓延(パンデミックな)、あるいは国家間の戦争による核兵器や細菌兵器の使用、テロ活動による混乱だったりします。

このことと並行して、以前から私の活動として地球の地表面から地下への下降を通して各地層の浄化を図ってきました。その働きから地球の質が徐々に変化してきました。その変化と相俟って、地表の硬い皮が剥け、その下から柔らかい光り輝く無垢な地球が現れてきています。

これは丁度、エビやカニが甲羅を脱皮する状態に似ていて、この状態の時は特に天敵にやられる危険性が高まってくることも事実です。このように、地球の質が物質レベルからエネルギー・レベルに変換してきていますので、その観点からいえば以前より不安定になりやすい環境になっています。

このような状況下で闇の勢力は強烈な圧力を一気にかけてきました。これに対し、私も災害の起こる一ヶ月前から、その圧力を感知していましたので、それをどのように緩和していくか色々と対策を練っていましたが、緩和し切れず大惨事が起きてしまいました。それだけ地球の均衡が不安定な上、強烈な圧力に対し、私一人で受け止めるには、かなりハードルが高かったように思います。

地球自体のエネルギーの質がこれからもアモルファスな状態にどんどんと入っていてきますので、以前より攻撃しやすい状態になることは、彼ら闇の勢力もよく知っています。そこで、地球中心部へ向けて強い圧力をかけることで、巨大地震を発生させやすくなっています。

例えば、今回のような大地震は、日本列島は昔から地震学的に地震の多い国ですので、活断層という非常に弱い部位が数多くあり、丁度私たちも、風邪の菌が体内に入ると、持病を抱えているような弱い箇所が先ず最初にやられます。このことから分かるように、闇の勢力は必ずしも地震の起きた場所にいるとは限らず、むしろいないことの方が多いです。これからも、この状況は変わらないので、様々な巨大災害が次々に起きてきてもおかしくはありません。

今、宇宙的なプログラムにおいて、地球の大きな課題になっているのが、地球自体の光の変換スピードが当初の予定より、かなり進んでいるということです。それに反し、地球人類の目覚めがかなり遅れている事実があり、そのギャップを今後どのように埋めていくか、という新たな課題が浮上してきています。

今回の災害でも再認識したように被災者の方たちに見られる礼儀正しく忍耐強い姿や、それを支援する全国からの心あるボランティアの人たちに対し、海外からも日本人の支えあう気質から気品ある国民として高い評価を頂きました。それに反し、東電を含む日本の政府の対処の仕方や、国家の指導者に対しては、世界からもそのいい加減さが目立ち、かなりの悪評だったわけです。

例えば、ここで言う地球人類の目覚めが遅れているというとき、多くの一般市民を除く、一部の国家のトップ指導層の人たちを指していっていることがありますが、ただ、これらの人たちを選んだのも、他ならぬ一般市民の人たちだということを考えると、総体的に地球人全体の目覚めの度合いを物語っているともいえます。それら、全体的な観点から見ますと、残念ながら地球人類すべてに対して、いえることでもあります。

その後、私もこの意味を宇宙に尋ねてみましたら、”今日まで地球は魂の学びのための「仮の宿」であり、そろそろそこから人類は卒業しなければならない時期に来ている”と、そして、”本来の魂の位置として裸一貫の姿に帰るための「禊」を地球人はしなくてはならない”ということです。

これは人間なら誰でもが持っている地上の様々な「執着」です。災害が起きても尚、文明推進派の人たちは懲りずに「原発」は経済の繁栄には欠かせないもの、と言い切っています。今回の大災害が起きても、魂は何一つ気づかず、方向転換もなく、再び元の経済繁栄を願っている姿は考えられない姿だ、といっています。

普通だったら残された次世代の子供たちのことを考え、消費経済を自粛し、新たな次世代に相応しい簡素で自然環境と調和する文明を考えていくのが普通です。自分たちの世代だけで地球環境を駆逐する文明を盲目的に突き進んでいく姿は、その執着を手放すまで、大災害は起きるとはっきり言っています。

更に総合的な見方をすれば、闇の勢力は地球人類の反面教師的な役割を演じるプログラムであるということです。当然、ここには善・悪、いい・悪いもなく、あくまでも地球人の精神を映し出す鏡の反映であるということです。要するにこの先、地球の一大変換を迎えるに際し、大災害による艱難辛苦を通過しなくてはならないか、それとも大災害を引き起こすことなくスムーズに自然な形で移行できるかは、すべて地球人の魂の気づき次第だということです。
[PR]
# by sigma8jp | 2011-04-28 21:18 | Comments(2)

本ブログの同調と「次元空間船」乗船についての質疑応答

ある方から寄せられたご【質問】

「何時も、本ブログを見ていただき、有り難うございます。現在の宇宙におけるプログラムは刻一刻と進行しております。この流れに便乗することで過去を清算し、魂と身体を再構成するすることができる良き機会となっております。その意味で、本ブログの役割は見ていただくことで、そのまま変容システムと同調することから再構成が容易に達成できる仕組みをつくりました。是非、今後とも宜しくお願いします」。

こちらのご回答について気になったのですが
この『宇宙の再構成プログラム』のサイトを拝見するだけで、変容システムに同調出来るのですか?とすると、何もしなくても同調しステップアップしてしまうのでしょうか?

変容システムに同調するにはこのサイトを拝見するだけで可能でしたら毎日拝見しようかと思っています。

もう少し、詳しくその点についてお伺いしたいのですが…宜しくお願いいたしますm(__)m

【回答】
ご質問の・・・
”この『宇宙の再構成プログラム』のサイトを拝見するだけで、変容システムに同調出来るのですか?とすると、何もしなくても同調しステップアップしてしまうのでしょうか?”
についてですが、はっきりいって、そうですと応えることができます。確かに、変容することは間違いありません。

同調することで、エネルギーの身体・魂のレベルで再矯正化され、次元空間船への乗船準備が整います。更にこの先のステップアップとしては、直接乗船されるところまで持っていくことが望まれます。これは、丁度、オーケストラの演奏を間近で聞く聴衆と、じかにオーケストラの奏者に加わり、皆と一緒に演奏をするのに喩えれば、分かりやすいのではないでしょうか。

演奏を間近で聴くのも身体感覚・心が、音のヴァイブレーション効果によって変容することはよく知られています。次に、「次元空間船」についてですが、目で見て確認できる実体化されたものではないので、解りにくいといわれればそうですが、これはあまくまでイデアによって形造られたもので、宇宙の原理そのものです。

同時に一旦、乗船してしまえは地球上、どこへ行ってもエネルギーのフィールドに包まれていますので、決して自己と分離することはありません。つまりは、「非局所時空」に存在するエネルギーの船ですので、そういうことが起きるわけです。かつての古代遺跡の住人が忽然と姿を消したのも、実は背後に「次元空間船」の存在があり、メンバー全員で、一瞬の内に故郷の宇宙にテレポートしてしまったことによります。

そして、ここでの乗船メンバーとの融合は、魂レベルで宇宙神を介在させた厳粛な儀式によって執り行われた恒久的なメンバーへの帰還を果たします。そして、それらのメンバーと共に遥かな宇宙へ向けて旅立つためのもので、最終的には神の光と完全融合することを目的にしています。

要は、オーケストラという乗船者のメンバーに加わり、自身の意識によって演奏=同調するようになるまでには、それなりの一定期間の学習と訓練が必要になってきます。これについても、今はまだ準備中ですが将来にネット上で個人セッションを行っていくことを予定しています。
[PR]
# by sigma8jp | 2011-04-25 12:46 | Comments(5)

「次元空間船」メルカバーと銀河系の回転システム!

b0140046_2461593.jpg
 色々考えました結果、今回の設計図(細密画像)を受け取った方に限り、特別に 「次元空間船」 乗船のためのライセンスを与えます。受け取った方は、再度、設計図に意識を合わせてみて下さい。徐々に宇宙の中心座標に時空移動する感覚が得られます。なので、せっかく受け取りました方の期待に、できる限り応えるようにしていきたいという思いから、考えを新たにしました。はじめは、皆が宇宙の空間移動が果たせるようにと思い、無条件で与えようとしたのですが、宇宙から突然のストップが掛けられてしまった訳すす。

なぜ、宇宙からストップが掛けられたのかは、やはりそこには無理があり今回は、私自身も反省をしました。本来ですと、「次元空間船」へ乗船するには、ある一定の学習期間と、それに合わせた一定の条件を必要とします。何故なら、それらを一言で言い表すならば、 「契約の箱」 となるからです。では、今になってなぜ 「契約」 という言葉を使うのでしょうか?この表現については西洋文化独特の表現であり、われわれ東洋人にとっては、馴染みがなく違和感を感じます。宇宙からいわせると、大地(マルクト)への下降が促進されるにつれ、より個別な段階に近づくことから、集団的な扱いができなくなるということからです。

以前のように、精神の段階では大雑把な扱いでもよかったのですが、空間船の単位を構成する核メンバーになるという人たちに対しては、あいまいな関係性では不十分だということです。これから新たに、空間船へ便乗する人たちを募る際には、どうしても、「契約の証」 を必要とします。「契約の証」 とはいっても、具体的に書面で交わすのではなく、自身の魂を通して宇宙神と乗船者に対し 「契約の証」 を立てます。それは一種、「誓い」 にも似ており、この精神の中に、「魂の契り」 が含まれています。これらは、「宇宙の厳粛な儀式」 として置かれています。

それら、 「厳粛な儀式」 となる理由は、大地を通過することからであり、例えば、我々の身近な 「契りの儀式」 としては社会一的に、「結婚式の儀礼」 があります。この厳粛さを際立たせる理由として、儀式の中に 「神」 を介在させ、「祈り」 と 「誓い」 を立てて儀式を執り行います。これらは、古の時代から世界中のどの文化でも、宗教的な慣習として執り行われていて、これは同時に極めて社会的要素が強く、そのどちらにおいても、根底にある 「象徴儀礼」 は、すべて社会=大地(マルクト)の原則に根差しているからです。

そこには、一個の人間から自立した社会的立場への参入を示していて、ある種の犠牲を伴う関わりが時には求められ、同時にお金のやりとりもあります。これらは皆、同じ精神性からくる価値観が宿っており、その通過儀礼の主な目的に、「わがままな自我に対する死の証」 が暗黙の内に存在しています。その意味で、大地は 「死」 であり、「十字架」 でもあったわけです。

当時の12使徒に対するキリストの 「最後の晩餐」 では、「ぶどう酒」 をキリストの血に見立て、「パン」 をキリストの肉に見立てて、これを12使徒で分け合い食しました。これらは、当時の 「契約の証」であり、イエス・キリストという仲介者を通して、宇宙神を中心にしたた 「マカーバ」 という固有な 「船の単位」 を構成するための「象徴行為」 でもありました。これらは、「血=魂」と、「肉=エネルギー・ボディ」 を通した共有母体をつくり出すための 「契りの儀式」 でもあったからです。それらを通して、ホロニック的な運命共同体になることを意味しているからです。

前回の補足として、”空間を六方向に封じて創造を開始した!”というお話をしましたが、これも大地であるマルクトを中心に創造作業を開始したからです(緑色の文字で示した内容)。その意味で、大地である十字の象徴を四大元素で表わし、(Y・H・V・H)の神聖四文字(テトラグラマトン)を活用しました。

この場合、宇宙神自身が創造する場合は、マルクトを最後の創造の場としますが、人間が天地創造を行う場合は、神とは逆の創造の流れを辿り、大地であるマルクトから創造を開始します。そして、「外部マトリックス」 である、「空間船」 の中枢が、「新しい天地」 を生み出す訳です。このような原理から、これからの人類もイエス・キリスト同様、何らかの形で大地の象徴である十字架を通過します。

まさに現在、わが国日本も東北地方の地震による大津波によって街は一変し、未曾有の大災害に見舞われました。このことから、世界中の人たちからの暖かい眼差しと、ボランティアの人たちによる募金等数多くの応援を頂いております。

これらによる東北地方の多くの人たちの犠牲が、世界中の人たちのエゴイズムに対する生き方にまで、終止符を打つほどの衝撃を与えたことも事実であり、今回の日本人の試練には何か大きな意味があるように思えてきます。日本は、昔から親国であり神が降ろした神国であるため、人類の模範となる責任が架せられていることから試練がつきものです。例えば、原爆による唯一の被爆国ということから、戦争に対する放棄を世界中の人たちに訴えるという責任があることも、その使命の一つになっているからです。

このことからも分かるように、大いなる犠牲として、大地への下降は死を通過することであり、十字架を背負うことで世界中の人たちの根のカルマを一気に昇華変容させさせてしまうという効果もあるからです。このことは、人々の身代わりとして人柱になることと同じことであり、いってみれば当時のイエス・キリストが十字架上で磔に遭うことで、人類の罪を背負ったという話に通じてきます。(錬金術的でいう、「黒の過程」)

これら、地球の大地である十字架(死)を通過することで、錬金術的な変容効果と共に、新しい世界が産み出されます。その世界の特徴として、「地上の大地」 と 「究極の天」 が一つの輪でつながり、「新たな世界=天地」 が出現するといえば分かりやすいだろうか。この 「神の王国」 は、高次元領域と大地がピタリと重なり、「新たな光の大地」 をつくり出すことを意味します。そこには、「一番高い振動領域のものと、一番低い振動領域のもの」の合一。

これは、即ち、「有限と無限」 あるいは、「光と闇」、「精神と物質」、「極小と極大」、「身体と魂」、「生と死」、「男と女」、「個人と集団」、「静と動」 ・・・ etc。 という具合に、これら対極にある構成要素を一つの単位として見なす、今までにない、新たな認識の世界に取って代わります。その認識の世界を一言でいい表わせば、「対極にあるもの」 は全て、「等価値」 として扱うことを意味します。我々人間は、どちらか一方へ価値の偏りが生じてしまう性分を持ち合わしている関係から、社会の平均的な共通認識として得られるかは別として、宇宙はこの水準で固定されるということです。

この基準の背後には、以下のような原理があります。
(すなわち、ホロニックな仕組は、ホログラムの原理からなり、それら形態形成を決定付けるのは、フラクタルなシステムからきています。これらの原理から、世界を観る視点に代わってきます。)

---------------------------------------------------------

本ブログでは、今までどおり情報を順次配信していきますが、さらに今回のことを踏まえ、将来考えているのは、高次元領域に止まるための個人レクチャーを開始しようと思っています。これは、個々人の理解やエネルギー的な特質に合わせて調整していくためのもので、ネット上で質疑応答を交えながら、無理なく行っていこうと思っています。そのための新たなHPも準備していきます。

準備ができましたら、お知らせします。

また、以前から本ブログを見て頂いている方や、コメントを寄せて頂いている方についても、既に 「宇宙の中心座標」 に合一していることを確認しておりますので、この方たちについては、「次元空間船」 の乗船ライセンスを無条件で与えたいと思います。このような良き機会を持っていただき、こちらとしても心強いです。

そして、毎回 「次元空間船」 に、同調されることで、腰の部分にイデアの結晶鉱物が育ち、これが、高次の音や色彩を放つ発信源となり、時には宇宙情報系の記録媒体ともなるからです。この状態で、5次元の意識が拡大されれば、この機能が今度はデーヴァ(自然霊)を育てる働きにもつながるからです。
[PR]
# by sigma8jp | 2011-03-25 02:29 | Comments(8)