「 外部宇宙への扉(ポータル)= 梯子の形成 」

b0140046_3252436.jpg

---------------------------------------------------------
ケロリンさん
コメント頂き有り難うございます。
ケロリンさんも、生命の樹を更に掘り下げて、独自な研究をなされているのですね。
以下、5つの質問にお応えしていきたいと思います。

(質問:1)
”変形カサラ・グリッドというものは、人類集合意識そのものが制限をかけてきた、あるいは、揺籃環境(内部マトリクス)という必要悪、でもあったのですね?”

今回、カサラ・グリッドという言葉をはじめてケロリンさんから知らされました。この変形カサラ・グリッドについては、私自身知識不足であり、それがどのような機能を持つかは定かではありません。このご質問に対し、適切に応えることができずごめんなさい。

揺籃環境という、「内部マトリックス」 (カゴ) に人類を一定期間、押し込めたのも,、学習のための必要悪だった訳です。同時に、集合意識自体もルシファーから幻想をもろに受けていることから、自ずと出られない条件をつくってしまった。あるいは、未熟児である人類は、成長するまでの一定期間、幽閉される必要があったと、いえることから、そのどちらも正解です。要するに、地球における 「宇宙のプログラム」 ということです。


(質問:2)
” 一部、変形カサラ・・・9個の接合ポイントしかない生命の樹は”堕天情報” だという意味が、これで解けました。 ”

ダートの位置が抜け落ちている生命の樹を多く見かけますが、これらはケロリンさんのおっしゃる通り、堕天使であるルシファーが意図的に仕組んだものです。何故なら、楽園追放後に人類を「内部マトリックス」に幽閉し、支配するため様々な感覚的幻想を与えて、人間の手によって今の地上にある世界機構をつくらせました。


(質問:3)
”おそらくは、意識進化の状態で、ケテル上部に、マルクトに対応するチャクラが隠されているのでしょうね?”

チャクラに対応させれば、進化した人間にはその痕跡が見られるでしょう。これをカバラ・システムに置き換えると、今回の図からも明らかなように、ケテルとマルクトには、それぞれ半分づつの共振ユニットがビナーとコクマーによって形成されます。この共振ユニットが、そのままダートの位置に組み込まれ、抜け落ちた共振ユニットの穴に穴埋めされます。これにより、上位( 「内部マトリックス」 から外の世界へ抜ける) に繋がる梯子がすべて連結されることになり、霊的成長と合わせてアダム・カドモンの身体も完成します。

しかし、生命の樹の根っこに対応するビナー、コクマーの共振ユニットが根腐れを起こしてしまうと、ダートの位置に連結される共振ユニットが得られず、次元上昇できなくなります。これは、ダートの意味である人間としてのルールや理性の健全化と、生命の樹の根っこに当たるビナー、コクマーの健全化とは、その両者は深く結びついているからです。極端な例をいうと、理性の欠如が甚だしく平気で、「モーゼの十戒」 を破る一部の 「獣人」 は、明らかに、ビナー、コクマーの共振ユニットそれ自体までも、根腐れを起こすことになるからです。

(質問:4)
”厳密に言えば、<ビナー、ケプラー、ホド、><コクマー、ケセド、ネツアク、>左右それぞれを結ぶ、十字接合部分にもポイントがあり、総計15ポイントで、左右上下完全対称形となり、初めて、生命の樹の完成型になるんですよね? ”

細分化すれば、確かに全部合わせて15個の接合ポイントが出来ます。図では、ケテル、ティファレト、マルクトの垂直ラインには小さな4組のダイア型コーンが描かれています。更に、この位置から一つずれた位置に対象系のダイア型コーンが隠れています。その接合部を合わせると中央の垂直ラインだけで、9個の接合部が現れ、左右の6個を足すと全部で15個の接合ポイントが出来ます。


(質問:5)
”イシスのトゥーラとは、ケモノがヒトへと成長する過程での準備期間・生命場の意識調整、ということだったのですね。”

ダートの意味は、イシスのトゥーラと深く関係します。何故なら、ダートには律法(ルール)を守るという意味があり、これも旧約聖書の「モーゼの十戒」になぞられているからです。現代社会においても、暗黙のルールがあり、「内部マトリックス」での学習の場では、人間を体験し、共同体の在るべき姿や、それらの秩序を保つためのルールを学習するからです。この学習も成熟する段階になると「理性」が育ってきます。これに合わせてセカンド・ボディーである身体も成長していきます。その成長と同時並行的に、(質問:3)の原理が顕在化してくるからです。

(以上)
---------------------------------------------------------
[PR]
by sigma8jp | 2011-09-27 02:37 | Comments(5)
Commented by ケロリン at 2011-09-27 22:48 x


変形カサラ・グリッドというものは、人類集合意識そのものが制限をかけてきた、
あるいは、揺籃環境(内部マトリクス)という必要悪、でもあったのですね?

一部、変形カサラ・・・9個の接合ポイントしかない生命の樹は”堕天情報”
だという意味が、これで解けました。

おそらくは、意識進化の状態で、ケテル上部に、マルクトに対応する
チャクラが隠されているのでしょうね?

厳密に言えば、
<ビナー、ケプラー、ホド、>
<コクマー、ケセド、ネツアク、>
左右それぞれを結ぶ、十字接合部分にもポイントがあり、
総計15ポイントで、左右上下完全対称形となり、
初めて、生命の樹の完成型になるんですよね?


イシスのトゥーラとは、ケモノがヒトへと成長する過程での
準備期間・生命場の意識調整、ということだったのですね・・。




Commented by sigma8jp at 2011-09-29 02:43
(管理人)
ケロリンさんの質問をアップしました。
Commented by ケロリン at 2011-09-30 07:28 x


丁寧なお応え、わざわざ記事にまでしていただき、ありがとうございます。

実は、わたし自身が『生命の樹』について、研究している訳ではないのです。カバラの真義についても、流し読み程度で、深く理解しているわけでもありません。『カサラ・グリッド』というコトバにしても、あるmixiの方の高次意識情報とも呼べるチャネリング(?)から降ろされた知識の転用だったのです。
その方のmixiのログは・・・、

『オスカー スティーブ』 さんの中の<スティーブさんの日記>
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=6563897

です。ハンドルネームは外人ですが、純粋な日本の方らしいです。
中でも興味深い情報は・・・、


Commented by ケロリン at 2011-09-30 07:29 x

「アンドロメダ銀河と天の川銀河の関係(重要) 」/2011年04月13日
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1705667039&owner_id=6563897
(生命の樹、関連情報です)


「黄金比率は堕天使の産物」/010年06月25日
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1522316553&owner_id=6563897
(クリスタル・スパイラルとフェボナッチ・スパイラルについて)

「肉体を伴わないアセンションと肉体を伴うアセンションの違い 」/2011年03月18日
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1691671315&owner_id=6563897

「生命力流と、宇宙のからくり 」/2011年02月06日
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1669098248&owner_id=6563897

「メタトロンの影響」/ 2011年01月22日
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1661055610&owner_id=6563897


Commented by ケロリン at 2011-09-30 07:30 x

・・・以上、さしでがましいかも知れませんが、
ご参考に、と思い転載いたしました。
スティーブ氏の<堕天>に関する部分を
直接「賢者の石」さんに、お聞きしようかと
逡巡していた矢先の今回の記事で、
氷解しましたので、問題はないのですが・・。

またの次回記事、期待しております・・。
ありがとうございます。


<< 次元移行の準備は整った! 時間の壁を超える時期が近づいた! >>