2013年 年賀

b0140046_0492520.jpg

2013年からアルファ・オメガ循環へのカウントダウンがいよいよ始まった。
これから徐々に、地球や人の身体構造の変化が目覚ましい発展を遂げていくことだろう。
何故なら、地球も身体も宇宙の構造とリンクし、その臨界点を迎える時期が到来する。
このとき、何が起こるのか・・・?
[PR]
by sigma8jp | 2013-01-04 00:59 | Comments(6)
Commented by たけ坊 at 2013-01-05 23:25 x
はじめまして。
昨年の11月頃、こちらのブログの存在に気づき、興味深く拝読させていただいております。
一つ質問させていただいてよろしいでしょうか。
"カゴメの原理"に出てきた"鏡"の話と、仏教の唯識等でいわれているような「この世は自己の心の表れ」という話は、とてもよく似ていると思うのですが、実質的には同じものと解釈してもよろしいのでしょうか?それとも違うものなのでしょうか?
ご多忙中大変申し訳ございませんが、お時間の取れたときにでもお返事いただければと思います。
宜しくお願い致します。
Commented by sigma8jp at 2013-01-08 02:57
たけ坊さん(1)

はじめまして。

ご質問の・・・
"カゴメの原理"に出てきた"鏡"の話と、仏教の唯識等でいわれているような「この世は自己の心の表れ」という話は、とてもよく似ていると思うのですが、実質的には同じものと解釈してもよろしいのでしょうか?それとも違うものなのでしょうか?

これについては、広い意味では同じ「自己の写し鏡」ということが言えると思います。但し、ハッキリ区別をするならば、唯識でいわれている「この世は自己の心の表れ」とい意味は、客観的な世界はすべて否定され、もっぱら主観的な心の面にウエイトがかけられています。一方、「カゴメの原理」に出てくる"鏡"の意味は、ある出来事を通して、自己との共通性を見出すことに重きを置いています。
Commented by sigma8jp at 2013-01-08 02:58
たけ坊さん(2)

これは、問題事として自分に降りかかる出来事が起きた時、大概人は精神的に堪えるわけです。この場合、自己の欠点というか足りない部分に対し、環境から気付きが与えられる訳です。この出来事は、主に人間関係だったり、処理不能な事柄だったりしますが、この出来事を「外在神」からのメッセージとして捉え、逃げ出さないで問題直視する姿勢を養います。これには、強い精神性を必要としますが、自己の潜在意識と降りかかった出来事とを照らし合わせ、問題を解くための糸口を手繰り寄せます。そして、悩み葛藤の末に、遂に問題を解決していくわけです。

この壁を乗り越える作業を通して、魂の成長も一緒に成し遂げていくことになります。これが「カゴメの原理」の全貌です。
Commented by たけ坊 at 2013-01-09 23:41 x
お返事いただきありがとうございます。
おかげさまで、唯識とカゴメの原理の違いがクリアになりました。ありがとうございました。

自身に降りかかる問題事が、外在神からのメッセージだと思えば、嫌なことでもなんとか乗り越えようという気になれます。高みに到達するには、険しい道のりかもしれませんが、正面から受け止め、努力してゆきたいと思います。

まだいくつも伺いたいことがありますので、また質問するかもしれませんが、何卒宜しくお願い致します。

ありがとうございました。
Commented by ノイア at 2013-02-17 00:49 x
情報です。

2月16日 23時30分から
福島原発ライヴカメラがブラックアウトです。
Commented by 桃子 at 2013-03-08 12:45 x
はじめまして こんにちわ。

個性化のプロセスを知りたくて、このブログにたどり着きました。
これからゆっくり読ませていただきたいと思っているのですが、
このようなブログにたどり着けて嬉しい!とおもって、思わずコメントさせていただきました。

ありがとうございます♪
<< フラワー・オブ・ライフの図形を... 惑星二ビルの地球接近と地球人の... >>