2016年 神々の超人化計画が大詰めに入った!

b0140046_320419.png


 2016年 地球における神々の超人化計画が大詰めに入った。
宇宙の原人(アントロポス)である 「聖なる巨人」 アダム・カドモン がある程度完成した段階に入ったといえる。
ただし、これは人類の中でもコズミック・ボディー生成の最先端にいる人々に言える話である。その後を追って、徐々に集合的に波及していく。

これは何を物語っているかというと、一口に言って「神々の超人化計画」の一端であり、先ずこれを知る必要がある。つまり、地球は銀河系の中の雛型であり、詰まるところ宇宙のへそ(中心座標)として設定されている。そこで、人類の中で唯一アダム・カドモンを身体の中に受肉化させることで、宇宙の完成形である物質次元を固定させ安定させることができる。そして、その反対側に宇宙で一番上位にある光と接続することが出来るのだ。

これにより、銀河系をはじめとした宇宙を再構成させることができる。更に今までにない新しい人類を創り出すことができる。つまり超物質の神々は、その計画に乗り出した。これは、神々にとって超物質の人類と新たな宇宙を創造することでもあるからだ。つまり、これらの新しい人類と同時に、別次元に新しい宇宙も創られることを意味する。

地球は現在、宇宙の中心座標に位置しており、遂に時空を超える領域にまで出た。通常この領域に出ると従来の身体のままでは、あまりにも次元が高く高周波領域に位置しているため、肉体を維持できなくなる。そこで、身体の組成を完全に地球のすべての元素を吸収し切って、超物質の身体として完成させないと宇宙の外へは安全に出ることは出来ない。

かつてのイエス・キリストも実は、人類の中でこの 「アダム・カドモン化計画」 を推し進めるため、神々から使命を託され、人柱である 「十字架」 に架けられた存在の一人だったのである。そして、受難という苦しい試練を通して、人類の罪を背負う重責を担い、これを通して地球の元素を吸収することが出来たのだ。要するに、かつての 「イエス・キリストの物語」 は、予めこの時期のための象徴儀礼として、神々が周到に用意され執り行われた物語だったのである。
[PR]
by sigma8jp | 2016-01-02 03:33 | Comments(8)
Commented by シリウスの統合の戦士 at 2016-01-07 08:22 x
金色に輝く球体UFOと共に仲間たちと共に

沈黙と信頼

見ざる 言わざる 聞かざる

すべてを認め受け容れ委ね流し

進んでいきます
Commented by 天意 at 2016-01-12 12:09 x
大好きな事がものすごく深い洞察力で文章化されており、引き込まれました。ブログはエキサイトを使用していませんが、また読みに参ります。
Commented by sigma8jp at 2016-01-12 13:41
何か、分からないことや質問等があれば、遠慮なくどうぞ。
Commented by にゃめ at 2016-01-15 17:17 x
更新を心待ちにしていました!
これからも楽しみにしています♪
Commented by レインボー at 2017-02-08 01:14 x
はじめまして。最近手に入れたアステロイドのクリスタルについて検索していてたどり着きました。
賢者の石とはアステロイドなのですか?
石が手元に来たと同時にしつこいインフルエンザになってしまったのですが、これは浄化でしょうか?
それとも、関連付けるのは無意味ですか?
Commented by レインボー at 2017-02-08 01:18 x
追記です。
ちなみに、来てすぐにメタトロンキューブとフラワーオブライフのプレートの上で浄化しましたら、クリスタル全体の黄ぐすみが白くなり、レインボーが増えました。
Commented by sigma8jp at 2017-02-11 02:44
「賢者の石」については、物質的な次元には存在していません。
主に、高次な意識的次元に存在しています。一つ言えることとして、結晶鉱物の持つ元素と、密接な関係にあります。
存在の齎す、宇宙的な叡智の結晶とでも言うのでしょうか。
鉱物元素が宇宙の叡智と何故に、深く関係を持っているかということを近い内に、本ブログでも明らかにしたいです。
Commented by レインボー at 2017-02-11 09:03 x
返信ありがとうございます。
私が所有しているのは水晶を研磨したアステロイドなのですが、五芒星と六芒星が組み合わされた形で原石以上にとても強大なパワーを発しているそうです。
鉱物をフラワーオブライフなどのプレートに載せておくと、明らかに透明感が出てレインボーも増えます。
これからの鉱物についての記述も心待ちにしております、
<< 2017年 年賀 神々の創造原理から見た次元変換... >>