2017年 年賀

b0140046_2161036.jpg
年賀デザイン
”暗夜から新しい朝が到来し、鳳凰となって天高く神の元に羽ばき行く”
[PR]
by sigma8jp | 2017-01-03 21:06 | Comments(5)
Commented by ホソケン at 2017-04-04 12:05 x
神は唯一です。また、神と人の仲介者も唯一です。それは人としてのキリストイエスです。
「これで、どうだ!!」(道場破り)
Commented by sigma8jp at 2017-04-04 16:59
最後の審判が迫っておりますが、一番注意すべきことは、自意識過剰な人は確実に残れないということです。
今、大切なことは自意識を限りなく捨て去り、純粋な自分に帰ることです。そうでないと「生死の門」を潜り抜け、出た先で復活再生は果たせなくなるからです。
Commented by sofuiya at 2017-05-01 04:39 x
沢山の不思議な旅の最終段階と観じる時に,
このブログに出会いました。
突然の投稿お許しください。


「7」と言う数字に惹きつけられ謎解きの旅をしていました。そこを超えたら 神聖地球でした。 
何も変化してはいません。
が、明らかに光が違います。

ここが天国、天の楽園ならば・・・私は花を沢山植え 祝福をする準備に取り掛かります。

沢山の苦を体験し カルマに翻弄され・・・自分自身で立ちあがる事をした時 私が何の目的で地球に来たのか理解し この愛する星に心から感謝✨します。

この神聖な愛の星地球を 宇宙根源の愛のcallに応えるために 愛の花を植えたいと思います。
Commented by sigma8jp at 2017-05-02 04:19
まさに「7」という数字は、通らねばならない道(旅)ということです。

童歌に、”通りゃんせ 通りゃんせ ここはどこの細道じゃ 天神さまの細道じゃ ちょっと通して下しゃんせ、御用のないもの通しゃせぬ この子の七つのお祝いに お札を納めに参ります 行きはヨイヨイ 帰りは怖い 怖いながらも 通りゃんせ 通りゃんせ”というのがありますね。

私たち地球人は、宇宙の第七周期を無事に迎え、ここまでヨイヨイと好き勝手に過ごしてきました。しかし、第七周期を迎えた現在、私たち地球人は最初にあった神聖を殆どと言っていい程、失ってしまいました。
そこで、天の神様は最終過程である第七周期を無事に過ごしたというお祝いに、お札を天の神の元に、お礼参りするよう申し出られた訳です。
しかし、元に戻る旅は、行きのようにヨイヨイとは行かず、大変過酷な旅になることを予測されたのです。
何故ならば、ここまで好き勝手に生きてきた代償として、カルマやトラウマを数多く積んできた訳ですから、元に戻る旅はそれらカルマやトラウマを追体験し、すべてを解除しつつ戻らなくてはならないからです。
そのため、行きはヨイヨイと来た訳ですが、帰りは怖い、しかし、怖いながらも そこを通らねばならない道!であると神様は仰っている訳です。

無事に、天の神の元に辿り着くことが出来た人は、「神の王国」に入ることを許されます。まさしく「神聖地球」です。
sofuiya さんが、「感謝の心」を持っていることは、天の神様に対しての「お礼参り」と同じ思いであり、「愛の花」を植えることは「お札を納める」ことと同じ行為でもある訳です。
Commented by 白なまず at 2017-05-29 08:32 x
2017年8月2日にお気をつけ下さい。
8月に世界中ぐらぐらです。

ひふみ神示 第02巻  下つ巻(四百つまき)

   第二十八帖 (七〇)
 またたきの間に天地引繰り返る様な大騒動が出来るから、くどう気つけてゐるのざ、さあといふ時になりてからでは間に合はんぞ、用意なされよ。戦の手伝ひ位なら、どんな神でも出来るのざが、この世の大洗濯は、われよしの神ではよう出来んぞ。この方は元のままの身体(からだ)持ちてゐるのざから、いざとなれば何んなことでもして見せるぞ。仮名ばかりの神示と申して馬鹿にする臣民も出て来るが、仕まひにはその仮名に頭下げて来ねばならんぞ、かなとは⦿(カミ)の七(ナ)ぞ、神の言葉ぞ。今の上の臣民、自分で世の中のことやりてゐるように思うているが、みな神がばかして使ってゐるのに気づかんか、気の毒なお役も出て来るから、早う改心して呉れよ。年寄や女や盲、聾ばかりになりても、まだ戦やめず、神の国の人だねの無くなるところまで、やりぬく悪の仕組もう見て居れんから、神はいよいよ奥の手出すから、奥の手出したら、今の臣民ではようこたえんから、身魂くもりてゐるから、それでは虻蜂取らずざから、早う改心せよと申してゐるのぞ、このことよく心得て下されよ、神せけるぞ。八月二日、ひつ九のか三。

   第二十九帖 (七一)
 神の土出ると申してありたが、土は五色の土ぞ、それぞれに国々、ところどころから出るのぞ。白、赤、黄、青、黒の五つ色ぞ、薬のお土もあれば喰べられるお土もあるぞ、神に供へてから頂くのぞ、何事も神からぞ。八月二日、一二⦿。

   第三十帖 (七二)
 八のつく日に気つけて呉れよ、だんだん近づいたから、辛酉(かのととり)はよき日、よき年ぞ。冬に桜咲いたら気つけて呉れよ。八月二日、ひつくのかみ。
2016年 神々の超人化計画が... >>