カテゴリ:クリスマスの謎と宇宙の秘儀( 1 )

クリスマスの一般的由来

クリスマスの語源
  日本語の「クリスマス」は、英語の「Christmas」に由来し、語源は「キリストのミサ」(Christ + mas)にある。日本語では他に、降誕祭、聖誕祭、聖夜などの呼び方がある。「クリスマス」にあたるドイツ語は「Weihnachten(ヴァイナッハテン)」、フランス語は「Noёl(ノエル)」、スペイン語は「Navidad(ナビダー)」であるが、必ずしも英語と語源を同じくしない。

英語のChristmasの略記として、英語圏ではXmas、あるいは、X-masと綴る。Xmasという表記の「X」は、ローマ字の「X(エックス)」と同じ形であるギリシャ文字の「Χ(カイ)」に由来する。すなわち、英語の「Christ」を、ギリシャ語原表記「Χριστος」の頭文字「Χ(カイ)」を以って表したものである。略記であるため、正式な場では避けられる。

Christmasの略記として、日本・台湾・東南アジアではアポストロフィを付けて X'mas と表記することが多い。この表記の起源は不明だが、終戦直後、1945年のクリスマスで、GHQの正面玄関の上に Merry X'mas とネオンサインで大書きされていた。この表記は誤用とされるが、非キリスト教圏では「Χ(カイ)」がキリストを意味する記号として浸透していないため、語中で「Χ(カイ)」を浮き立たせるこの表記法は広く受け入れられている。

ロシア語での「クリスマス」の略記は、「ハリストス(キリストの現代ギリシャ語・ロシア語読み)の降誕」を意味する「Рождество Христово」の頭文字からとった「РХ」で表される。ロシアでは、聖堂などに「РХ」とネオンサインで表示する様子がしばしば見られる。

---------------------------------------------------------

イエスの誕生日
 新約聖書には、イエスの誕生日を特定する記述は無く、この日がいつにあたるのかについては様々な説がある。

b0140046_1830731.jpg降誕祭とは別に1月6日をキリストの公現祭として祝う日が存在していた。12月25日の生誕祭は、遅くとも345年には西方教会で始まった。ミトラ教の冬至の祭を転用したものではないかと言われている。

キリスト教圏では、クリスマスには主に家族と過ごし、クリスマスツリー(常緑樹で一般にモミの木)の下にプレゼントを置く。プレゼントを贈る気持ちである「愛」の日でもある。

クリスマスの飾り付けなどの習慣は、もともと太陽神崇拝などキリスト教以前の宗教に由来しており、聖書に由来しない。サンタクロースは、キリスト教の聖師父である奇蹟者聖ニコライ(ニコラウス)の伝説が起源である。

正教会のうち、エルサレム総主教庁、ロシア正教会、グルジア正教会と、非カルケドン派教会であるコプト正教会は1月7日(ユリウス暦の12月25日に当る)に降誕祭を祝うが、ギリシャ正教会、ブルガリア正教会などではグレゴリウス暦の12月25日に執り行う。

正教会では、降誕祭と神現祭とは奉神礼として一連のものであり同様の構造を持つ。それらの間にはキリストの幼児期に関する祭日が設けられている。降誕祭の祭前期には「聖列祖の主日」で原祖アダム以来のキリストの肉に縁る先祖を、「聖世祖の主日」では神の祖父母イオアキムとアンナら歴代の義者を祭る。
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-10 18:08 | クリスマスの謎と宇宙の秘儀 | Comments(0)