カテゴリ:「宝石」の霊的特質( 13 )

【か行】 ・・・ コーラル(Coral) (別名 珊瑚) 

コーラル(Coral)
《主な産地》
《石の意味・特徴》
b0140046_07177.jpg

  繁栄や幸福のシンボルでもあり、海に関連する仕事をしている人や、海沿いに暮らす人に特別な御守となってくれる。情緒を左右されやすく、運勢的な変化の多い女性には、特にお薦め。
また「さんご」の発音から、出産や、産後の回復の御守としても 
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-09 04:50 | 「宝石」の霊的特質 | Comments(0)

【か行】 ・・・ クンツァイト(Kunzite)

クンツァイト(Kunzite)
《主な産地》 ブラジル、ミャンマー、アフガニスタン、マダガスカル、カナダ、メキシコ、アメリカ
《石の意味・特徴》
b0140046_0122381.jpg

  元々はカラーバリエーションのある石。ライラックピンクの石が発見され、1902年にこれを認知・発表した宝石学者G・Fクンツ博士の名を冠しクンツァイトと命名された。慰めのパワーを持つ石。孤独感や満たされないと思っている人を、優しく包み込んでくれる。精神を穏やかにしてくれるので、夫婦や恋人と不和になった時などに持つと、心が落ち着いて冷静になれる。
また、血液に関係する病、鬱病などにも効果があるとされている。
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-09 02:47 | 「宝石」の霊的特質 | Comments(0)

【か行】 ・・・ クリソベリル(Chrysoberyl)

クリソベリル(Chrysoberyl)
《主な産地》
《石の意味:特徴》
b0140046_2105758.jpg

  「クリソベリルキャッツアイ」と「アレキサンドライト」はクリソベリルの変種にあたる。霊的直感を正しい方向へ導いて強化し、異世界や未来を感知する「第三の目」開かせる。神霊と対話する力と、邪悪なものを避ける強い守護力を得られる。 
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-09 02:11 | 「宝石」の霊的特質 | Comments(0)

【か行】 ・・・ クリソプレーズ(Chrysoprase)

クリソプレーズ(Chrysoprase)
《主な産地》 オーストラリア、ロシア、アメリカ、ブラジル 
《石の意味・特徴》
b0140046_1464272.jpg

  黄緑や薄緑色のカルセドニーの事。ジェイドに似ていて、オーストラリアで産出される為「オーストラリアジェイド」と呼ばれる事もある。目標の後押しをしてくれる。また、隠れていた才能を引き出し、将来への展望を広げてくれる。怒りの感情や緊張を抑え、その裏に隠されている孤独感を和らげる。
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-09 01:47 | 「宝石」の霊的特質 | Comments(0)

【か行】 ・・・ カイヤナイト(Kyanite/Cyanite)

カイヤナイト(Kyanite/Cyanite)
《主な産地》 ミャンマー・ブラジル
《石の意味・特徴》
b0140046_1151616.jpg

  トラウマや固定観念に囚われてしまった人に、光明を与える。新しい知恵、閃きを得て、これまで自分が気付かなかった世界観へとステップアップできる。悩んでいたことを白紙に戻す力がある。強迫観念に苛まれている人にも効果あり。また、他人を意識しすぎる人に、コントロールされない意思の強さを与える。
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-09 01:15 | 「宝石」の霊的特質 | Comments(0)

【か行】 ・・・ ガーネット(Garnet)  

ガーネット(Garnet)
《主な産地》マダガスカル、アメリカ、南アフリカ、ヨーロッパ、ブラジル、ロシア、インド、ミャンマー
《石の意味・特徴》
b0140046_02147.jpg

  十字軍の兵士が血止めのお守りとして持っていたといわれる、血液に関係する石。誕生石の由来となる、12使徒が持っていた或いは古都の門にはめられていたという12の石の一つ。古くから信仰の対象となってきた、歴史のある石でもある。実りの象徴とされる石です。

こつこつ積み上げてきた努力を成功へ導き、恋の成就にも手を貸します。
目標の達成を切望する人、大切な人との変わらぬ愛を願う人は、アクセサリーとして身に着けると良いでしょう。試験や就職活動で活用すると、これまでの成果を出しやすくなります。さらに、憎しみや嫉妬などのマイナスの感情を浄化し、前向きな力を与えてくれます。
人間関係でトラブルに見舞われている人も、次第に改善に向かうでしょう。
意志の弱さを改めさせ、積極性と勇気を身につける事も可能にします。
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-09 00:23 | 「宝石」の霊的特質 | Comments(0)

【あ行】 ・・・ オパール(Opal)

オパール(Opal)
《主な産地》 オーストラリア・メキシコ・ペルー
《石の意味・特徴》
b0140046_21325729.jpg

  霊的な力を目覚めさせ、直感力を養います。また、心を映し出す鏡のような働きがある為、隠れていた才能を引き出します。自分に自信が持てない時には、手の平に乗せて見つめてください。次第に否定的な思いがぬぐい去られ、希望が芽生えてくるはずです。
また、芸術的な感性をも刺激するので、創造的な仕事に携わっている人を助け、感性を磨きます。上官豊かなこの石は、内面の美しさを引き出し、愛する人との出会いをもたらしてくれます。
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-08 21:41 | 「宝石」の霊的特質 | Comments(0)

【あ行】 ・・・ エメラルド(Emerald)

エメラルド(Emerald)
《主な産地》 コロンビア・ブラジル・ザンビア・マダガスカル・パキスタン
《石の意味・特徴》
b0140046_218389.jpg

  イライラした感情を鎮めて思考力を高め、心身をパワーアップする力があるといわれている。
記憶力を強化し、雄弁にさせるといわれる。「愛を成就させる石」といわれている。家庭内に幸福と献身的愛情をもたらすとされる。サイキックな能力を高める石といわれる。
肺、心臓、背骨、筋肉の治療に役立つといわれる。肺臓病、赤痢、毒虫の刺し傷、眼病の治療薬として用いられたといわれる。目の不調をやわらげるといわれる。
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-08 21:09 | 「宝石」の霊的特質 | Comments(0)

【あ行】 ・・・ アメトリン(Ametrine)

アメトリン(Ametrine)
《主な産地》 ブラジル・ボリビア
《石の意味・特徴》
b0140046_20362347.jpg

  古くから存在していた石だったにも関わらず、市場に出まわり始めたのは20世紀後半になってからである。
スギライト、チャロアイト同様、新しい「気付きの石」として注目されている。
アメジスト・シトリン両方の石が混在した水晶であり、両方の石のパワーを持つと言われる。
緊張をほぐし、精神をリラックスさせてくれる。芸術面に於いてはインスピレーションが豊かになり、表現力が増す。
何かに対して苦痛を感じている人は、その苦痛の「壁」を中和し、痛みの原因を理解・解決へと導く後押しをしてくれる。
先の見通しがきくようになり、明るい気持ちになれる。
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-08 20:41 | 「宝石」の霊的特質 | Comments(0)

【あ行】 ・・・ アメジスト(Amethyst)

アメジスト(Amethyst)
《主な産地》 ブラジル・ウクライナ
《石の意味・特徴》
b0140046_2034933.jpg

  精神の不調を緩和する。隠れた力を引き出す。愛情を深める。家庭の居間などに置くと家族の仲が深まる。
情愛に深い石で、この石をつけている時に愛を裏切るような行為をすると、石の力は失われると言われている。
芸術的才能を引き出す力があり、クリエイティブな仕事をする人は、常に身に付けるか仕事をする部屋に少し大きめの石を置くと良い。枕元に置くと、よく眠れるようになったと言う人が多い。
アメジストを身に付けていると酒に悪酔いしない、という伝説がある。
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-08 20:05 | 「宝石」の霊的特質 | Comments(0)