カテゴリ:▽・・・(春)『魂のこよみ』 ( 1 )

Spring(春)

春 : 【 第1週 ~ 第9週 】

  春になると、魂は明るく輝きを増していく世界に、すべての感覚を開いて自分を融け込ませようとする。そのとき魂は、喜びの心をもって、自分が狭い個我の呪縛から開放されたと感じる。
魂が自分を見失いそうになると、無力な思考の代わりに、予感を求める。予感と夢の中に神の働きを感じ、おのれを棄てよ、と命じる予感に従おうとする。

---------------------------------------------------------

■第1週:(4月1日~6日) 復活祭の気分

太陽が宇宙の彼方から

日が感覚に語りかけると

喜びが魂の奥底から湧き上り

視ることの中で光とひとつになる。

その時、自我の殻をやぶって

思考が遠く宇宙の果てにまで流れ

暗く不確かに人間本性を

霊の存在に結びつける

---------------------------------------------------------

■第2週(4月7日~13日)

思考の力が果てしない

外なる感覚世界の中に

自分の存在を見失なうとき、

霊界が人間の萌芽をふたたび見つけ出す。

人間の萌芽、それは今

おのれの胚種を霊界の中に、

しかしおのれの魂の果実を

みづからの中に

見つけ出さねばならない。

---------------------------------------------------------

■第3週(4月14日~24日)

おのれを忘れ

おのれの根源を想いつつ

人間の成長する自我が

宇宙の万象に語りかける。

「個我の呪縛から私を

解放するお前の中でこそ

私は自分の真実をきわめたい」

---------------------------------------------------------

■第4週(4月25日~5月4日)

「私は自分の存在の本質を感じる。」

そう語る感情は

陽光の明るい世界の中で

光の流れとひとつになる。

そして思考の明るさに熱を贈り

人間と世界を

かたくひとつに結びつける。

---------------------------------------------------------

■第5週(5月5日~11日)

光は霊の深みから現れ

空間の中で実りゆたかに働きながら

神々の創造行為を明らかにする。

その光の中で魂の本質は

宇宙存在にまで拡がる。

そして狭い自我の内なる強制を脱して

今新たに甦ろうとする。

---------------------------------------------------------

■第6週(5月12日~18日)

狭い、自分をのりこえて

時間と空間の働きの中に甦るとき

私の自我は宇宙を啓示する者となる。

そのとき宇宙はいたるところで

おのれの姿の真実を

その神的原像を

私のために開示する。

---------------------------------------------------------

■第7週(5月19日~25日)

大自然の光に強く引き寄せられて

私の自我は身を隠そうとしている。

だから予感よ、現れよ。

そして思考の力に代って

私の認識のために働け。

思考は今、感覚の仮象の中で

自分を見失なおうとしている。

---------------------------------------------------------

■第8週(5月26日~31日)

ますます力を増してぎた感覚の力は

神々の創造行為に協力して

思考を夢の暗い作業に変える。

神的な存在が

私の魂に結びつこうとするとき

人間的な思考は夢の中に

安んじて身を委ねれぱよい。

---------------------------------------------------------

■第9週(6月1日~8日)

夏のおとずれを知らせる

宇宙の熱が私の霊魂を充たすとき

もはや自分の意志は気にかからない。

霊視するためには光の中で

我意をすてねぱならない。

予感が力をこめて私に告げる

「おのれを見出すためには

おのれ自身を失なえ。」

---------------------------------------------------------

                             Summer(夏)へ続く!⇒
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-09 18:03 | ▽・・・(春)『魂のこよみ』  | Comments(0)