レミエル Remiel 七人の大天使

魂の管理者

レミエルとは「神の慈悲」の意を持つ。魂を最後の審判に導く役目を持ち、『エノク書』では七人の大天使の指示を伝える責任を持つと言われる。また堕天使のひとりとしても数えられている。

幻視

レミエルの別名はラミエル(Ramiel)で、「真の幻視を統括する」天使として現れている。神が選ばれた人間に対して伝えるヴィジョンによるメッセージ、それが幻視である。黙示もまた、幻視によって伝えられるものである。
[PR]
by sigma8jp | 2008-10-30 03:00 | ■ 天使の個々の名前 | Comments(0)
<< ラジエル Rasiel ... ラグエル Raguel ... >>