ドビエル Dubbiel

ペルシャの守護天使

国を守る守護天使はその国の命運を担い、神に認められるために守護天使の間で競争や戦いが行われていた。守護天使が勝利すれば、その天使が守る国も勝利できたと信じられていた。
ユダヤの伝説ではドビエルはペルシャの守護天使であり、紀元前500年から紀元前300年にかけてペルシャが強盛を誇った理由も天界でドビエルが勝利をおさめ続けたからとされる。

その頃、イスラエル側のガブリエルが一時役目を追放されるということがおきていた。イスラエルに怒りを覚えた神がイスラエル全土に燃える石炭をまき散らそうとした。

だがその計画はガブリエルによって妨げられてしまい、そのためガブリエルは追放され、それまでガブリエルのいた神の玉座の次という高位に、ペルシャの守護天使であったドビエルがつくことになった。そして地上でも同様にペルシャの勢力が拡大されることになった。
 しかし、イスラエルと敵対する国を守護する天使はみな堕天使にされてしまっていることから、ドビエルもまた堕天使に落とされてしまっている。
[PR]
by sigma8jp | 2008-10-30 03:52 | ■ 天使の個々の名前 | Comments(0)
<< サマエル Samael ラハブ Rahab >>