アルフォンス・ミュシャ Alfonse Mucha

b0140046_015622.jpg  アール・ヌーヴォー様式を代表する巨匠。草花をモチーフとした幾何的な文様や、曲線を多用した平面的で装飾的な画面構成など典型的なアール・ヌーヴォー様式と、モデルの女性など描く対象の個性や特徴を的確に掴みながら、視覚的な美しさを観る者に嫌味なく感じさせる独自の対象表現を融合させ、数多くの商業用ポスターや挿絵を制作。

画家がパリ時代に手がけた諸作品は当時、大流行となり、画家(作家)として確固たる地位を確立。現在でもアール・ヌーヴォー様式の代表格として広く認知されている。また他のアール・ヌーヴォーの画家(作家)と同様、ミュシャの装飾性の高い平面的表現には日本の浮世絵からの影響が強く感じられる。

ミュシャの作品はパリ時代のカラーリトグラフによる商業用ポスターや装飾パネルなどが有名であるが、油彩画でも優れた作品を残しており、特に晩年期に故郷チェコで制作した連作『スラヴ叙事詩』は画家の生涯の中でも屈指の出来栄えを示している。

1860年、チェコスロバキア南方モラヴィアのイヴァンチッツェで裁判所の官史をしていた父オンドジェイ・ミュシャと家庭教師であった母アマリエ・マラーの間に生まれ、1871年からブルノーの中学に通うほか、同年、聖ペトロフ教会聖歌隊員となる。

1878年、プラハの美術アカデミーを受験するが失敗。翌年、ウィーンへと赴き、舞台美術などを手がける工房へ助手として入る。その後、失業してしまうものの、パトロンであったエゴン伯爵の援助を受け、1884年からミュンヘン美術学校に留学。古典的な写実的表現を会得する。
b0140046_2017264.jpg

1887年、ミュンヘン美術学校を卒業後、パリに向かう。
1891年、ポール・ゴーギャンと知り合う。
1894年、当時の著名な舞台女優サラ・ベルナールが主演する戯曲『ジスモンダ』のポスターを手がけ、大きな反響を呼ぶ。
翌1895年、サラ・ベルナールと六年間の契約を結び経済的困窮から脱するほか、『ジスモンダ』の成功によって一躍、時代の寵児となる。

b0140046_115991.jpg

また同年、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックらと共にサロン・デ・サンのグループ展に作品を出品。その後、『ジョブ』や『メディア(メデア)』などのポスターや、『四つの時の流れ』、『四つの星』など連作的作品を数多く制作し、名声を博す。
1904年から数回、招かれる形でアメリカに滞在し同地で制作活動をおこなう。
b0140046_21543113.jpg

1908年、ボストン交響楽団によるスメタナの≪わが祖国≫を聴き、強く感銘を受け、スラブ諸国の文化の伝道に尽力することを決意。
1910年、故郷チェコに定住。翌年からスラヴ民族の歴史を綴った連作『スラヴ叙事詩』の制作に取り組み、チェコスロバキアの国家行事のポスターなどを手がけつつ、1928年まで同連作を制作し続けた。

1938年、肺炎により健康状態が悪化、翌1939年チェコで死去。なおミュシャは作品のデザイン性の豊かさから、デザイナーとしての評価も高い。

---------------------------------------------------------

b0140046_1411156.jpg


b0140046_1414622.jpg


b0140046_21135983.jpg


b0140046_0455094.jpg

                  《 スラヴィア 》



b0140046_0451054.jpg

                《 百合の中の聖母 》



b0140046_0465156.jpg

                  《 ミューズ 》



b0140046_04429100.jpg

                《 燃える蝋燭と女 》



b0140046_0435087.jpg

              《 眠れる大地の春の目覚め 》


b0140046_0431319.jpg

                《 クオ・ヴァディス 》


b0140046_20205089.jpg

                   《 雪の女王 》


b0140046_1183466.jpg

          《 スラヴ叙事詩-原故郷のスラヴ民族 》 
[PR]
by sigma8jp | 2008-11-24 00:08 | 終末のロマン派芸術 | Comments(0)
<< ジョン・マーティン (John... ドビュッシーとラヴェルの違い・... >>